ハンター地域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハンター地域
ニューサウスウェールズ州
ハンター地域の位置
ハンター地域
ハンター地域の主要都市であるニューカッスルの位置
人口: 632,851[1]
世界測地系: 南緯32度55分 東経151度45分 / 南緯32.917度 東経151.750度 / -32.917; 151.750座標: 南緯32度55分 東経151度45分 / 南緯32.917度 東経151.750度 / -32.917; 151.750
標準時:

 •夏時間

AEST (UTC+10)

AEDT (UTC+11)

位置: シドニーより北120km (75mi)
地域自治体:
ハンター地域の周辺にある地域:
ノースウェスト・スロープス ニューイングランド ミッドノース・コースト
ハンター地域 タスマン海
セントラル・ウェスト セントラル・コースト タスマン海
ハンター・バレーの葡萄園。

ハンター地域(ハンターちいき、: Hunter Region)は、より一般的にはハンター・バレー: Hunter Valley)という名称で知られるオーストラリアニューサウスウェールズ州の地域である。

概略[編集]

ハンター地域の範囲は、シドニーの北、およそ120キロメートルから310キロメートル(75マイルから193マイル)におよぶ。適用される標準時は、オーストラリア東部標準時(AEST。UTC+10)およびオーストラリア東部夏時間(AEDT。UTC+11)である。

地域の人口は630,000人以上[1] 。人口の半分以上の人々が、ニューカッスルマッコーリー湖といった沿岸の都市に暮らしている。また、この地域を占める11の地域自治体Local Government Areas)の中に、谷全体に散存する他の多数の町と村がある。 これらの11の地域自治体は以下の通りである[2]

ハンター地方は南北が高地地域となっており、ハンター川Hunter River)とその支流を有している[3]。ハンター・バレーはニューサウルウェールズ州の沿岸にある最も大きな谷間の1つであり、そのワイナリーと石炭産業とで一般によく知られている。

産業[編集]

ハンター地方は、オーストラリアの最も有名なワイン生産地帯の1つであり、その赤と白ワインの両方の種類で知られている。谷で最も有力な経済活動は、主に輸出のための石炭鉱業(たとえばリオ・ティントBHPビリトンといった企業による)である。 他の主要な産業としては、エラリングEraring)、ベイズウォーターBayswater)、リッデルLiddell)、ムンモラMunmorah)、レッドバンクRedbank)そしてベールスポイントVales Point)の各石炭火力発電所における発電、 酪農業と肉飼育業である。ハンター・バレーはまた、サラブレッド馬の繁殖と飼育においてオーストラリアでは主要な地域となっている[4]ニューカッスルの港は、石炭に関して世界最大の輸出基地となっている。石炭のほとんどは鉄道によって港に運搬されて来る。

観光[編集]

ハンター・バレーはニューサウスウェールズ州の主要な観光地であり、毎年250万人以上の人々が立ち寄る、オーストラリアでは6番目に多く訪問される場所である。ポーコルビンPokolbin)地区には、多数の葡萄園、レストラン、店舗、ゴルフコース、そしてカントリー風の民宿がある。ウォロンバイ・バレーWollombi Valley)とブロークフォードウイッチ・ワイン地方Broke Fordwich Wine Region)を含む谷の他の地域もまた、ワインで有名である。スコーンScone)を囲むアッパー・ハンター地域は、世界的な、最も大規模な馬の飼育地の1つとなっている。

訪問客のためにハンターで開催される定期的な行事には、まず各月の最初の3回の日曜日にハンター・バレー蒸気機関車(Hunter Valley Steam Trains)の走行、そして、ハンター川とマッコーリー湖での定期的な観光クルーズが含まれる。

町と市[編集]

ハンター川の川口に位置しているニューカッスルは、この地域で最も大きな都市である。その隣接した大都市圏はマッコーリー湖を含むが、統計的な区分は同様にレイク・マッコーリー・シティLake Macquarie)、メートランドMaitland)、Cessnock、そしてポート・スティーブンス・カウンシルPort Stephens)地域をも含む。ハンター地方の他の主な中核地域は、ダンゴッグDungog)、フォースターForster)/ タンカリーTuncurry)、グロスターシャーGloucester)、クリー・クリーKurri Kurri)、マスウェルブルックMuswellbrook)、スコーンScone)、そしてシングルトンSingleton)である。

発展[編集]

ハンター地方は、経済的にも文化的にも発展を続けている。新しい住宅地は、雇用の機会、家族にやさしい環境と手頃な住宅相場によって地域に集まる人々の便宜を図るため、地域中で開発され続けている。州政府は地域自治体と共に、さらに数十年の間続けることになっている発展計画にかかっている。50,000軒を擁するニュータウンがブランクストンBranxton)の近くに造られる計画さえもある。

ハンター・バレーを見渡す景色。

参考文献[編集]

  1. ^ a b Local Government Area populations, New South Wales”. 3218.0 - Regional Population Growth, Australia, 2007-08. Australian Bureau of Statistics (2009年4月23日). 2009年4月25日閲覧。
  2. ^ Local Council Boundaries Hunter (HT)”. New South Wales Department of Local Government. 2007年8月26日閲覧。
  3. ^ Department of Local Government - Regions”. NSW Department of Local Government. 2007年8月5日閲覧。
  4. ^ Barrie, Douglas M., The Australian Bloodhorse, Angus & Robertson, Sydney, 1956

外部リンク[編集]