ハンター・ヘイズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハンター・ヘイズ
Hunter Hayes
カントリー専門ラジオ局KIX96で公演中のハンター・ヘイズ}
カントリー専門ラジオ局KIX96で公演中の
ハンター・ヘイズ
基本情報
出生 1991年9月9日(23歳)[1]
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ルイジアナ州 ブロー・ブリッジ
ジャンル カントリー
職業 シンガーソングライター
担当楽器 ボーカル
アコーディオン
ギター
ベース
マンドリン
ピアノ
キーボード
ドラム
活動期間 1995年 -
レーベル アトランティック・レコード
共同作業者 ラスカル・フラッツ
公式サイト hunterhayes.com
ガース・ブルックス[2]
リアン・ライムス[2]
クリント・ブラック[2]

ハンター・ヘイズ英語: Hunter Hayes 1991年9月9日[1] - )は、アメリカ人カントリー・ミュージック・アーティストでありシンガーソングライターアトランティック・レコードナッシュビル所属。2011年半ば、彼のデビューシングルとなる『Storm Warning(ストーム・ウォーニング)』がリリースされた。

来歴[編集]

ヘイズはアメリカ合衆国ルイジアナ州ブローブリッジで生まれた。彼の音楽経歴は4歳に始まり、4歳で地元での公演並びに20万人の観客を前にしたハンク・ウィリアムズ・ジュニアとの「ジャンバラヤ」の演奏など、テレビへの出演も果たしている[3][4][5][2]。また、2歳の誕生日祝いに祖母からおもちゃのアコーディオンをプレゼントされており、ラジオから流れるケイジャンの真似事を始めていた。6歳でギターベースドラムキーボードなどの楽器演奏を始め、同時期に作曲も行っている[2]

幼い頃からガース・ブルックスの大ファンである。また、リアン・ライムスクリント・ブラックもお気に入りであり、作詞作曲活動においてはジョン・メイヤースティーヴィー・レイ・ヴォーンマイケル・ブーブレスティーヴィー・ワンダーキース・アーバンビートルズなどから何かしらの影響を受けていると述べている[2]

2010年にはラスカル・フラッツアルバム「Nothing Like This」の中の一曲「Play」の歌詞共作を行っている。その後、アトランティック・レコードナッシュビルと契約し、2011年半ばにデビューシングルとなる『Storm Warning』を発表[6]。これは、彼のメジャー・デビューアルバムからのファーストシングルともなる。この楽曲はヘイズが全ての楽器を演奏しており、製作にはプロデューサー、ダン・ハフが協力しており共同プロデュース作品となる[7]

カントリーミュージック専門サイトであるラフストックのマット・ビョークは歌詞を賞賛し、このシングルに対し5点満点中の3点を与えており、ラスカル・フラッツのリードボーカルであるゲーリー・レボックスと歌声を比較し、その歌声も賞賛している[8]

テイラー・スウィフトの世界公演である「Speak Now World Tour」の最終公演地であるセントルイス公演にオープニングアクトとして登場している。

2011年、『フットルース 夢に向かって』のサウンドトラックヴィクトリア・ジャスティスとのデュエットを提供した。なお、当時のサウンドトラックの中の一曲、マイク・レノとアン・ウィルソンによる1984年のヒット曲『Almost Paradise』をカヴァーしている。

エピソード[編集]

人気ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」にてジョフリー・バラシオンを演じるジャック・グリーソンに似ているというネタがたびたび取り上げられる。

ディスコグラフィー[編集]

スタジオアルバム[編集]

タイトル 内容 最高位
Top Country Album Billboard 200
Through My Eyes
Make a Wish
  • 発売日:2001年11月6日
  • レーベル:シュガー・タウン
  • 形態:CD、カセットテープ
Holidays with Hunter
Hunter Hayes 7 18
"—"はチャートに未掲載

シングル[編集]

発売年 シングル 最高位 アルバム
Hot Country Songs
2011 Storm Warning 26 Hunter Hayes

ミュージックビデオ[編集]

発売年 ビデオ ディレクター
2011 Storm Warning ブライアン・ラザロ

その他[編集]

発売年 タイトル アルバム
2011 Almost Paradise
(with ヴィクトリア・ジャスティス)
Footloose

脚注[編集]

  1. ^ a b Hunter Hayes Celebrates His 20th Birthday at House of Blues”. Music News Nashville (2011年9月14日). 2011年10月23日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 公式サイトHunter's Story
  3. ^ Rose, Christopher (1997年4月4日). “Kids keep Cajun traditions thriving”. The Tuscaloosa News. http://news.google.com/newspapers?id=iz0dAAAAIBAJ&sjid=V6YEAAAAIBAJ&pg=5100,573829&dq=hunter-hayes+accordion&hl=en 2011年6月30日閲覧。 
  4. ^ Conaway, Alanna. “Hunter Hayes Was ‘Born’ to Make Country Music”. Taste of Country. 2011年6月30日閲覧。
  5. ^ 4歳にしてクールにアコーディオンを弾きこなす少年(動画)”. らばQ (2009年1月25日). 2011年10月5日閲覧。
  6. ^ Hunter Hayes issues "Storm Warning"”. Country Standard Time (2011年5月11日). 2011年6月30日閲覧。
  7. ^ Hunter Hayes becomes Next Big Thing”. Country Standard Time (2011年4月22日). 2011年6月30日閲覧。
  8. ^ Bjorke, Matt (2011年8月12日). “Hunter Hayes — "Storm Warning"”. Roughstock. 2011年8月12日閲覧。

外部リンク[編集]