ハンス・ヴェルケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハンス・ヴェルケ Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム ハンス・オットー・ヴェルケ
国籍 ドイツの旗 ドイツ
種目 砲丸投
生年月日 1911年2月18日
没年月日 1943年3月26日(満32歳没)
 
獲得メダル
ドイツの旗 ドイツ
陸上競技
オリンピック
1936 ベルリン 男子 砲丸投
ヨーロッパ陸上選手権
1938 パリ 男子 砲丸投
編集 テンプレートのヘルプを表示する

ハンス・ヴェルケ(Hans Otto Woellke、1911年2月18日 - 1943年3月26日)は、ドイツ陸上競技選手。1936年ベルリンオリンピックの金メダリストである。

経歴[編集]

ヴェルケはベルリンの警察官であり、警察のクラブで砲丸投を行っていた。1934年には第1回ヨーロッパ陸上選手権の砲丸投に出場しているが、14.67mで8位に終わっている。 2年後には地元開催のベルリンオリンピックに出場。16.20mのオリンピック新記録で、フィンランドスロ・ベールンドらを抑え金メダルを獲得。ドイツの男子陸上選手としてはじめてのオリンピックの金メダルとなった。彼の活躍は、レニ・リーフェンシュタールの記録映画「オリンピア」に描写されている。

第二次世界大戦において、ヴェルケはベラルーシにあった連隊に所属していたが、1943年にパルチザンとの戦いによりこの世を去った。