ハンス・ブロンサルト・フォン・シェレンドルフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハンス・ブロンサルト・フォン・シェレンドルフ
Hans Bronsart von Schellendorff
1893年の書物から
1893年の書物から
基本情報
出生 1830年2月11日
死没 1913年11月3日(満83歳没)
ドイツの旗 ドイツ ミュンヘン
職業 作曲家ピアニスト

ハンス・ブロンサルト・フォン・シェレンドルフHans Bronsart von Schellendorff[注 1] 1830年2月11日 - 1913年11月3日)は、ドイツ音楽家作曲家リストの弟子の一人である。

人生[編集]

ブロンサルト・フォン・シェレンドルフ(ブロンサルトとも呼ばれる[1])はプロイセン軍人の家庭に生まれ、ベルリン大学で学んだ。彼は1853年ヴァイマルに赴き、リストに会うとともに当時リストのサークルにいたあらゆる音楽家たちと親しくなった。その中にはベルリオーズブラームスなどがいる。ブロンサルトとリストの近しい関係は、リストの「ピアノ協奏曲第2番」のヴァイマル初演の際にリストが指揮をし、ブロンサルトがソロを受け持ったことからも窺える。この協奏曲の出版に際して、リストはブロンサルトに献呈を行っている。リストの下で数年間の研鑽を積んだのち、ブロンサルトはライプツィヒベルリン指揮者として活動した。その後ハノーヴァー1867年から1887年の間、王立劇場の総監督を務める。1887年からはヴァイマルで同様の職に就き、1895年引退するまでその地位にとどまった。

ブロンサルトの2番目の妻、インゲボルク(Ingeborg 旧姓Lena Starck)(1840年 - 1913年)もまた作曲家であり、2人はヴァイマルで出会って1861年に結婚している[2]

ブロンサルトは1913年ミュンヘンで没した。

主要作品[編集]

  • ピアノ三重奏曲 ト短調 Op.1
  • ピアノ協奏曲 嬰ヘ短調 Op.10
  • 交響曲第1番「アルプスにて In die Alpen」合唱と管弦楽のための (散逸)
  • 交響曲第2番「運命の力 Schicksalsgewalten」 (散逸)
  • 管弦楽のための 「春の幻想曲 Fruhlings-Fantasie
  • カンタータ 「クリスマスイヴ Christnacht
  • オペラ 「Der Corsar
  • 弦楽六重奏曲

他にピアノ小品などがある。ハンス・フォン・ビューローはブロンサルトのピアノ協奏曲を非常に気に入り、「ヴァイマル楽派と呼ばれる中でも最重要の作品」と位置付けていた。同曲にはマイケル・ポンティ独奏のCD録音が存在する。

ブロンサルトと彼の妻の話題はリストの書簡の中に何度も登場し、リストが夫妻の作品を高く評価していたことは明らかである。1879年3月12日、リストからウォルター・ベイチュに宛てて書かれた書簡にはこう記されている。「6月5日、ビューローはかの地で最初の演奏会を指揮します。演目はブロンサルトの美しく価値の高い『春の幻想曲』と彼自作のシェイクスピアの『ジュリアス・シーザー』への音楽、そして私の『ファウスト交響曲』になる予定です。」

脚注[編集]

注釈

  1. ^ 出典によってはSchellendorfのようにFを1つだけで綴っているが、ドイツ語においてこのの正しい綴りはFFである(Source: Adelslexikon)

出典

  1. ^ http://www.musicweb-international.com/classrev/2001/July01/romantic2.htm
  2. ^ BRO - BUX - Musical Biographies at www.tribalsmile.com

参考文献[編集]

  • Walker, Alan. Franz Liszt, the Weimar Years: 1848-1861. Ithaca: Cornell University Press softcover. 1993 revision of a 1989 original pub. ISBN 0-8014-9721-3. (Bronsart is mentioned a number of times, Starck-Bronsart on p.187.)
  • Adelslexikon Vol. II, in: Genealogisches Handbuch des Adels, Vol. 58 of all, C. A. Starke Verlag, Limburg an der Lahn (Germany) 1974, ISSN 0435-2408
  • Liszt's letters covering this period with many references to the Bronsarts at Project Gutenberg

外部リンク[編集]