ハンス・フィルビンガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハンス・カルル・フィルビンガー

ハンス・カルル・フィルビンガーHans Karl Filbinger1913年9月15日 - 2007年4月1日)は、ドイツ西ドイツ)の政治家

1960年代から1970年代にかけてキリスト教民主同盟CDU)の幹部として活躍した。CDU副党首、1966年から1978年までバーデン=ヴュルテンベルク州首相、初代CDUバーデン=ヴュルテンベルク州議長などを歴任した。1973年から1974年には連邦参議院議長を務めた。

第二次世界大戦中、海軍法務官として勤務したが、この時の経歴を問われて、バーデン=ヴュルテンベルク州首相、CDU州議長を辞した。CDU州名誉議長。この他、保守系シンクタンク「シュトゥーディエンツェントルム・ヴァイケルスハイム」 Studienzentrum Weikersheimを設立し、1997年まで会長を務めた。

先代:
クルト・ゲオルク・キージンガー
バーデン=ヴュルテンベルク州首相
1966年 - 1978年
次代:
ロタール・シュペート
先代:
アルフォンス・ゴッペル
連邦参議院議長
1984年 - 1985年
次代:
アルフレート・クーベル