ハンス・グラーフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハンス・グラーフHans Graf, 1949年2月15日 マルヒトレンク - )はオーストリア指揮者ワイン通としても名高い[1]

経歴[編集]

リンツ・ブルックナー管弦楽団のヴァイオリン奏者である父親から音楽の手ほどきを受け、少年時代からヴァイオリンピアノを学んだ後、1971年グラーツ音楽高等学校に入学。卒業証書を得てピアノ科と指揮科を修了。引き続きシエーナフランコ・フェラーラに、ボローニャセルジュ・チェリビダッケに、レニングラードアルヴィド・ヤンソンスの薫陶を受ける。1979年ザルツブルクで行われたカール・ベーム指揮者コンクールにて首位を獲得。

1981年ウィーン国立歌劇場にデビューしたのを皮切りに、ベルリンミュンヘンパリでオペラ指揮者として招待される。国際的な活躍が急速に広がると、たとえばウィーン・フィルハーモニー管弦楽団ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団フランス国立管弦楽団ロンドン交響楽団イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団NHK交響楽団など、欧米やアジアで屈指のオーケストラを訪れて指揮するようになり、またザルツブルク音楽祭ブレゲンツ音楽祭エクサンプロヴァンス音楽祭サヴォンリンナ・オペラ・フェスティバルタングルウッド音楽祭プラハの春音楽祭ニューヨークモーストリー・モーツァルト・フェスティヴァルフィレンツェ五月音楽祭などにも参加している。

1984年から1994年まで、ザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団の音楽監督に就任するかたわら、ザルツブルク州立劇場において《ニーベルングの指環》や《ナクソス島のアリアドネ》《ばらの騎士》《イェヌーファ》《ヴォツェック》《フィデリオ》《オテロ》のほか、いくつかのモーツァルト歌劇の上演にあたる。1994年から1997年までドノスティアバスク国立管弦楽団の監督に転任した。1995年から2003年までカルガリー・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督を務める傍ら、1998年から2004年までボルドー・アキテーヌ国立管弦楽団の指揮者も勤めた。

2000年ヒューストン交響楽団との初共演を飾った後、2001年9月よりその音楽監督に就任している。2006年1月にはヒューストン交響楽団を率いてカーネギー・ホールへのデビューも果たした[2]2007年7月には、ヒューストン交響楽団と契約更新し、任期を2011年から2012年のシーズンまで延ばしている[3]

数々の録音の中でも、モーツァルトやシューベルト交響曲全集のほか、ツェムリンスキー歌劇《昔ある時 Es war einmal 》の世界初録音で知られており、またボルドー・アキテーヌ国立管弦楽団を指揮してデュティユーの管弦楽曲の全曲録音にも取り組んでいる。ほかにストラヴィンスキーバルトークも得意とする。

マルガリータ夫人との間に一人娘のアンナがいる。

[編集]

外部リンク[編集]


先代:
?
イラク国立交響楽団音楽監督
次代:
?
先代:
ラルフ・ヴァイケルト
ザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団音楽監督
1984–1993
次代:
ユベール・スダーン
先代:
?
バスク国立管弦楽団音楽監督
1994–1997
次代:
?
先代:
マリオ・ベルナルディ
カルガリー・フィルハーモニー管弦楽団音楽監督
1995–2003
次代:
ロベルト・ミンチュク
先代:
ジョン・ネシュリング
ボルドー・アキテーヌ国立管弦楽団音楽監督
1998–2004
次代:
Kwamé Ryan