ハンス・キュング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハンス・キュング(2009年3月撮影)

ハンス・キュング(ドイツ語: Hans Küng1928年3月19日 - )はスイスカトリック神学者1970年にローマ教皇無謬論に異論を唱えた為、1980年バチカンから破門され、テュービンゲン大学を解雇された。

経歴[編集]

ローマグレゴリアン大学で神学や哲学を学び、その後もパリソルボンヌで学び続けた。1960年に彼はドイツのテュービンゲンにあるエバーハルト・カール大学テュービンゲンの神学教授になった。この時に後の教皇ベネディクト16世となるヨーゼフ・ラッツィンガーと同僚になる。 60年代になって、キュングは改革的な立場を示し始め、離婚人工中絶を支持した。1963年の訪米の際に彼は『教会と自由』という題名の公演を行っている。 1962年から1965年に渡って教皇ヨハネ23世パウロ6世とによって第2バチカン公会議が行われ、プロテスタント正教会マルクス主義との対話が推進された。ところが、1978年に当時社会主義国だったポーランドからヨハネ・パウロ2世が選出され、教会が保守的な傾向を取り始めたのでキュングは梯子を外される格好になった。その翌年の1979年に彼は教授資格を剥奪され、翌年解雇された。キュングは教皇を一度も「ヨハネ・パウロ2世」と呼ばず、「教皇ボイティワ」と呼び続けた。ここに彼の怒りが込められている。 1981年の三ヶ月間、彼はシカゴ大学で客員教授を務めた。在米中にノートルダム大学に招待された。2005年になってからもキュングはイタリアやドイツで教皇ヨハネ・パウロ二世について批判的な文章を発表した。この時にも彼は教皇をボイティワと呼んだ。 2005年9月26日、キュングは教皇ベネディクト16世と会見した。

著作[編集]

  • 『ゆるぎなき権威?』
  • 『キリスト教徒であることについて』
  • 『中国宗教とキリスト教の対話』 (人間科学叢書)
  • 『キリスト教と禅における歴史観の比較』
  • 『神は存在するか』

など。