ハンス・ウルス・フォン・バルタサル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハンス・ウルス・フォン・バルタサル(Hans Urs von Balthasar, 1905年8月12日1988年6月26日)は、スイスカトリック教会司祭神学者。

生涯[編集]

スイスのルツェルンに生まれる。オーストリアのフェルトキルヒで神学を学び、ウィーンベルリンドイツ文学の博士号を取得した。1929年イエズス会に入会し、バーゼルで布教活動を始める。その後にスイスのクールという町に活動拠点を移す。司祭になってから行われた同じイエズス会のカール・ラーナーや、プロテスタント神学者カール・バルトとの対話が注目を集めた。教皇ヨハネ・パウロ2世の時代に枢機卿に推薦されるが、実現しないままこの世を去った。

主な著書[編集]

  • ドイツの魂の黙示録(1937年–1939年)
  • 世界の心臓(1945年)
  • リジューのテレーズ(1950年)
  • カール・バルト(1951年)
  • マルティン・ブーバーとキリスト教(1958年)
  • 神学的美学(1961年–1969年)

など。