ハンス・アルバート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハンス・アルバート (Hans Albert、1921年2月 ケルン - )は、ドイツ哲学者カール・ポパーの批判的合理主義をドイツで承継し、基礎付け主義ミュンヒハウゼンのトリレンマというアポリアに陥るとした。ドイツ社会学における実証主義論争において、『全体的理性の神話』を発表してユルゲン・ハーバーマスを批判し、その後、カール=オットー・アーペルを批判して論争を繰り広げた。

執筆の途中です この「ハンス・アルバート」は、哲学に関連した書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正して下さる協力者を求めていますPortal:哲学)。