ハンザ・ブランデンブルク CC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハンザ・ブランデンブルクCC

CCは、ドイツ帝国ハンザ・ブランデンブルク(Hansa und Brandenburgische Flugzeug-Werke)が開発した、単発複葉単座の戦闘飛行艇水上戦闘機)。第一次世界大戦中の1916年に初飛行。設計主務者はエルンスト・ハインケル。CCとはハンザ・ブランデンブルクの出資者であるカミリオ・カスティリオーニ (Camilio Castiglioni) のイニシャルからとられている。

概要[編集]

本機は第一次大戦中に活躍した戦闘飛行艇の一つで、本国ドイツよりもオーストリア=ハンガリー帝国海軍航空隊での活躍で有名である。機体はクリアドープのみのナチュラルフィニッシュが基本で、一部艇体下面をライトグレーに塗装した物が在る位である。また翼間支柱は「星状支柱」と呼ばれる独特の形状だったが、後年通常の形に改良されている。

生産はハンザ・ブランデンブルク社だけでなくオーストリアのフェニックス社も参加、140機前後が生産されている。また、エンジンがベンツ列型、アウストロダイムラー列型、ヒエロ列型の物、機銃がlMG 08/15 シュパンダウの物とシュワルツローゼ M.07の物等幾つかのバリエーションが生じている。

オーストリア=ハンガリーではアドリア海沿岸の作戦に投入され、イタリア機に対しその優速性で対抗したといわれている。なお当機はオーストリア海軍航空隊のエース、ゴットフリート・フォン・バンフィールド(Gottfried von Banfield)大尉の乗機としても知られている。

性能諸元[編集]

  • 全幅:9.30 m
  • 全長:7.70 m
  • 全高:3.58 m
  • 翼面積:26.5 m2
  • 空虚重量:716 kg
  • 全備重量:2,100 kg
  • 発動機:ベンツ製 Bz III 水冷列型6気筒エンジン ×1
  • 出力:150 馬力
  • 最高速度:175 km/h
  • 飛行継続時間:3.5 時間
  • 実用飛行上限高度:4,300 m
  • 乗員:1 名
  • 武装:lMG 08/15 シュパンダウ 7.92 mm機銃 ×1又は×2

関連項目[編集]

外部リンク[編集]