ハワード・ジョージ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハワード・ジョージ(Howard Georgi, 1947年1月6日 - )はアメリカ合衆国の理論物理学者。1974年にグラショウと素粒子の相互作用に関する大統一理論を提案した。

カリフォルニア州サンバーナーディーノに生まれ、1967年にハーバード大学を卒業、エール大学で学位をえた。ハーバード大学で研究を続け、1980年からハーバード大学教授である。1995年にアメリカ物理学会からJ・J・サクライ賞、2000年にディラク賞を受賞した。

関連記事[編集]