ハワード・ゴードン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハワード・ゴードン
Howard Gordon
Howard Gordon
コミコン・インターナショナルにて(2011年7月)。
生年月日 1961年3月31日(53歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州ニューヨーク市クイーンズ区
職業 脚本家、プロデューサー

ハワード・ゴードンHoward Gordon, 1961年3月31日 - )は、アメリカ合衆国のテレビ脚本家、プロデューサーである。

フォックスの『24 -TWENTY FOUR-』、NBCの『アウェイク 〜引き裂かれた現実』などを製作総指揮、ショウタイムの『HOMELAND』を企画した。

生い立ち[編集]

ニューヨーク州ニューヨーク市クイーンズ区で生まれる。1984年にプリンストン大学を卒業後、カリフォルニア州ロサンゼルス に移ってアレックス・ガンサと共にテレビで脚本家のキャリアを始める[1]

キャリア[編集]

1980年代後半より『私立探偵スペンサー』などの脚本を執筆する。『美女と野獣英語版』でプロデューサーの1人を務めた。

1990年代には『Xファイル』を20話脚本し、またスーパーバイジングプロデューサー、共同エグゼクティブプロデューサー、エグゼクティブプロデューサーを務めた。

1997年にはジョス・ウィードン企画の『バフィー 〜恋する十字架〜』、次いで1999年には同じくウィードンが製作した『エンジェル』に参加した。

2001年よりフォックスで始まった『24 -TWENTY FOUR-』に参加する。

『HOMELAND』[編集]

『24 -TWENTY FOUR-』の終了後、ゴードンはアレックス・ガンザと共にイスラエルのテレビドラマ『Prisoners of War』を原作としたスリラーHOMELAND』をショウタイムで企画した。『HOMELAND』は2011年より放送が始まった。

2012年、ゴードンは『HOMELAND』のパイロットエピソード「英雄の帰還」を執筆したことによりプライムタイム・エミー賞脚本賞(ドラマ部門)を受賞した。また番組はプライムタイム・エミー賞作品賞(ドラマ部門)を獲得した[2]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]