ハロルド・E・パーマー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハロルド・E・パーマー(Harold E. Palmer 1877年3月6日 - 1949年11月16日)は、大正昭和期を代表する応用英語学者・英語教育学者音声学者。Speechとしての言語(言語運用)と、Codeとしての言語(言語体系)を区別して、これを言語教育に適用し、20世紀の応用言語学の発展に寄与した。またspeechをさらに第一次伝達(Primary Speech)と第二次伝達(Secondary Speech)の二要素に分けている。

オーラルメソッド(口頭教授法)を提唱し、英語教授研究所(現在の財団法人語学教育研究所)を設立して日本の英語教育改善に大きく貢献した。女子学習院東京文理大東京外語大の講師も務めた。フランス語が堪能であった。イギリスロンドン出身。

略歴[編集]

業績[編集]

  • 1917年The Scientific Study and Teaching of Languages(言語に関する科学的な研究および教授)出版。
  • 1921年The Principles of Language-Study(語学研究の法則)出版。The Oral Method of Teaching Languages(言語を教える口頭方法)出版。
  • 1922年English Intonation, With Systematic Exercises(英語の抑揚の系統的練習)出版。
  • 1924年Memorandum on Problems of English Teaching in the Light of a New Theory(英語教授問題についての新説に照らした覚書)出版。A Grammar of Spoken English(口頭英語の文法)出版。
  • 1925年English through Actions(動作による英語)出版。
  • 1929年Eigo no rokushukan (The First Six Weeks of English)(英語の六週間)出版。
  • 1930年Interim Report on Vocabulary Selection(語彙選択に関する中間報告)出版。The Principles of Romanization(羅馬化の法則)出版。
  • 1931年Second Interim Report on Vocabulary Selection(語彙選択に関する第二次中間報告)出版。
  • 1932年This Language-Learning Business(この言語学習事務)(H. Vere Redmanと共著)出版。
  • 1933年Second Interim Report on English Collocations(英語の連語に関する第二次中間報告)出版。A New Classification of English Tones(英語の抑揚の新しい分類)出版。
  • 1934年Specimens of English Construction Patterns(英語の構築特分型の見本)、An Essay in Lexicology(語彙評論)
  • 1937年Thousand-Word English(千単語英語)(A. S. Hornbyと共著)出版。
  • 1938年A Grammar of English Words(英語の文法)出版。
  • 1940年The Teaching of Oral English(口頭英語の教授)出版。
  • 1943年International English Course(国際英語学科)始まる。

パーマーの考えた習慣形成に関する5段階[編集]

  • Auditory Observation
  • Oral Imitation
  • Catenizing
  • Semanticizing
  • Composition by Analogy

エピソード[編集]

  • Palmerは自分の名前をカナで「パーマ」と書いていたが、今日では美容院でのパーマと混同されるのを避けるため「パーマー」と表記するようになった。
  • 1921年、第一次大戦後の欧米教育視察に来ていた元文部次官澤柳政太郎はパーマーに出会う。松方幸次郎氏の経済的援助を得て、パーマーを日本に招くことにした。
  • パーマーの功績を称えて創設された語学教育研究所の「パーマー賞」は、素晴らしい実践をしている中学校高等学校の英語教師(または団体)に与えられる最高の栄誉として認められている。

関連文献など[編集]

  • 語学教育研究所(編).1995.『パーマー選集』(全10巻)本の友社
  • 小篠敏明.1995.『Harold E. Palmerの英語教授法に関する研究』第一学習社
  • 伊村元道.1997.『パーマーと日本の英語教育』大修館
  • 早川 勇.2014.『英語辞書と格闘した日本人』テクネ(第十八話がパーマーに関するもの)
  • 長瀬慶來.2001.『ロンドン学派のイントネーション研究-ハロルドE.パーマーの音調研究-』山梨医科大学紀要第18巻
  • Richard C. Smith. 1998. THE PALMER-HORNBY CONTRIBUTION TO ENGLISH TEACHING IN JAPAN. International Journal of Lexicography,11,269-291.

外部リンク[編集]