ハロルド・ソロモン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハロルド・ソロモン
基本情報
ラテン文字名 Harold Solomon
愛称 ソリー (Solly)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 同・ワシントンDC
生年月日 1952年9月17日(61歳)
身長 167cm
体重 59kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1972年
引退年 1986年
ツアー通算 23勝
シングルス 22勝
ダブルス 1勝
生涯通算成績 636勝443敗
シングルス 563勝314敗
ダブルス 73勝129敗
4大大会最高成績・シングルス
全豪 出場なし
全仏 準優勝(1976)
全英 1回戦(1972・74・77・86)
全米 ベスト4(1977)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 5位
ダブルス ?位

ハロルド・ソロモンHarold Solomon, 1952年9月17日 - )は、アメリカワシントン出身の元男子プロテニス選手。1976年全仏オープン男子シングルス準優勝者。シングルス自己最高ランキングは5位。ATPツアーでシングルス22勝、ダブルス1勝を挙げた。身長167cm、体重59kgで、男子プロテニス界では小柄な体格の選手だった。ソロモンは“the human backboard”(人間バックボード)と呼ばれたほど温厚な人柄の持ち主だったが、対戦相手の選手たちは彼の巧みなロブショットやリターンに“いらだつ”ことが多かったという。

経歴[編集]

ソロモンは5歳からテニスを始め、ライス大学在学中の1972年にプロ入りした。4大大会初出場だった1972年全仏オープンで、ソロモンは1回戦でマーティン・マリガン、2回戦でジミー・コナーズ、3回戦でギレルモ・ビラスを破って勝ち進み、マニュエル・オランテススペイン)との準々決勝まで勝ち進む。それ以来、ソロモンは全仏オープンで抜群の強さを発揮した。2年後の1974年、ソロモンはビョルン・ボルグとの準決勝に進んだ。そしてついに、彼は1976年全仏オープンで決勝に進出したが、イタリアアドリアーノ・パナッタに 1-6, 4-6, 6-4, 6-7 で敗れて準優勝になった。

ソロモンは全米オープンでも、1977年にベスト4進出がある。この準決勝では、ソロモンはギレルモ・ビラスに 2-6, 6-7, 2-6 のストレートで敗れた。それから3年後、1980年にソロモンは全仏オープンで4年ぶり3度目の準決勝進出を決めたが、そこではボルグに 2-6, 2-6, 0-6 のストレートで完敗した。1980年の大会では、ボルグは「全試合ストレート勝ち」を達成するほどの絶好調ぶりだった。3度目の全仏準決勝進出の後、ソロモンは世界ランキングを自己最高の「5位」に上げたが、1980年10月のイスラエルテルアビブ大会の優勝を最後に、ATPツアーの優勝から見放されてしまった。

ハロルド・ソロモンはキャリアを通じて全仏オープンを最も得意としたが、ウィンブルドンは4度のみの出場で、すべて初戦敗退に終わり、芝生の大会では1勝もできなかった。全豪オープンには1度も出場していない。1980年から1983年まで、ソロモンは男子プロテニス協会の会長を務めた。1986年に現役を引退してからは、テニスコーチとしても優れた力量を発揮し、メアリー・ジョー・フェルナンデスジェニファー・カプリアティなどのトップ選手たちのコーチに携わってきた。2004年に「国際ユダヤ人スポーツ殿堂」入りを果たしている。

外部リンク[編集]