ハロルド・スペンサー=ジョーンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハロルド・スペンサー=ジョーンズ(Sir Harold Spencer Jones,1890年3月29日- 1960年11月3日)はイギリス天文学者である。

人物[編集]

イギリス・ロンドン生まれ。ケンブリッジ大学で学び、1913年からグリニッジ天文台で働いた。 1923年からケープ天文台の台長になり、1930年から1931年の小惑星エロスの地球への接近時に各国の天文台の協力により太陽視差の精度の高い測定をおこなった。1933年から1955年までグリニッジ天文台の台長をつとめ[1]、1945年から1948年まで国際天文学連合の会長を務めた。

位置天文学の分野で章動(地軸の振れ)などの観測に功績があった。

賞・叙勲等[編集]

[編集]

命名[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本天文学会, ed.「雑報 グリニヂ天文台長更迭 (PDF) 」 、『天文月報』第26巻第3号、日本天文学会、東京府北多摩郡三鷹村1933年3月、 55頁、 ISSN 0374-2466NCID AN00154555NDLJP:33041542014年1月17日閲覧。
先代:
フランク・ダイソン
グリニッジ天文台長
1933–1955
次代:
リチャード・ウーリー