ハロクアドラトゥム・ワルスビイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハロクアドラトゥム・ワルスビイ
Haloquadratum walsbyi00.jpg
分類
ドメイン : 古細菌 Archaea
: ユリアーキオータ界
Euryarchaeota
: ユリアーキオータ門
Euryarchaeota
: ハロバクテリウム綱
Halobacteria
: ハロバクテリウム目
Halobacteriales
: ハロバクテリウム科
Halobacteriaceae
: ハロクアドラトゥム属
Haloquadratum
: H. ワルスビイ
H. walsbyi
学名
Haloquadratum walsbyi
Burns et al. 2007

ハロクアドラトゥム・ワルスビイ (ハロクアドラタム・ウォルズビイ、Haloquadratum walsbyi) は、特徴的な形状を持つ高度好塩菌の一種。薄っぺらい四角形のタイル状の細胞形状を持つ。高濃度のNaCl環境に適応し、世界中の塩湖や潮にまみれた砂に分布する。

1980年シナイ半島紅海沿岸の塩湖より発見された。特徴的な形状から顕微鏡下で比較的簡単に見つけられるが、培養は困難を極め、2004年に初めて培養に成功するまで生態は20年以上にわたって不明であった。2007年に正式に記載され、生育環境と形状、発見者に因み、Halo+quadratum(+正方形) Walsbyi(発見者Anthony Walsby)と命名された。

生育環境は中性の高塩環境(至適NaCl濃度3.3M)。塩湖などで比較的広く見つけられる。加えて高濃度(最高2M)の塩化マグネシウム環境にも耐性が有り、塩田などで海水が濃縮され、完全に無菌になる直前まで繁殖する。

形状は郵便切手にも例えられる、厚み0.1-0.2μm、一辺2-5μmの正方形。鞭毛があり、運動性を持つ。複数の細胞が集まり碁盤の目のようになったシート状の群体を形成することがある。細胞内には泡のようなものが見えるが、これは光化学反応を効率よく起こすための浮力調整用ガス胞と、蓄積したPHB(ポリ-3-ヒドロキシ酪酸)である。

参考文献[編集]

  • Burns, D. G., Janssen, P. H., Itoh, T., Kamekura, M., Li, Z., Jensen, G., Rodríguez-Valera, F., Bolhuis, H., Dyall-Smith, M. L. (2007). “Haloquadratum walsbyi gen. nov., sp. nov., the square haloarchaeon of Walsby, isolated from saltern crystallizers in Australia and Spain”. Int J Syst Evol Microbiol 57: 387-92. doi:10.1099/ijs.0.64690-0. 
  • Stoeckenius, W. (1981). “Walsby's square bacterium: fine structure of an orthogonal procaryote”. J. Bacteriol. 148 (1): 352–60. PMID 7287626.