ハルトムート・クルーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハルトムート・クルーク (2009)
マンドリンオーケストラを指揮するクルーク (2009)

ハルトムート・クルーク(Hartmut Klug, 1928年9月9日 - )は、ドイツ作曲家指揮者

ドレスデン出身。ドレスデン音楽大学で作曲指揮ピアノを学び、1949年に卒業した。在学中からピアノ伴奏者として活動していた。1950年にRIASの作曲家兼アレンジャーとなり、翌年にはエッセンの民族舞踊劇場の音楽監督に就任した。1953年にはパリに留学し、パリ国立高等音楽・舞踊学校室内楽と指揮を学んだ。

1955年より1969年までヴッパータールの歌劇場でコレペティートルカペルマイスターとして働いた。さらに1974年から1991年までラインラント州立音楽大学(後にケルン音楽大学に改名)の教授を務めた。

アマチュアオーケストラ、マンドリンオーケストラ、合唱団、室内楽団の指導に尽力していることで知られている。

作品[編集]

マンドリンオーケストラ[編集]

  • 7つのバラード
  • インド組曲
  • 口琴協奏曲

参考文献[編集]

  • Hartmut Klug – ein Leben für die Kunst. In: Concertino 1/2009, S.43
  • Siegfried Büttner: Scherenschnittkünstler als Multitalent. Hartmut Klug zum 75. Geburtstag: In: Concertino 2/2004, S.62