ハリー・マーティンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
{{{2}}}
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1974年
受賞部門:ノーベル文学賞
受賞理由:

ハリ・マティンソン(Harry Martinson、1904年5月6日-1978年2月11日)は、スウェーデン小説家詩人。1949年にスウェーデン・アカデミーのメンバーに選ばれ、1974年にエイヴィンド・ユーンソンとともにノーベル文学賞を受賞した。ユーンソンとマティンソンは2人ともノーベル賞委員会に所属していたため、彼らの受賞は論議を呼んだ。この年には彼ら2人の他にグレアム・グリーンソール・ベローウラジーミル・ナボコフらが有力な候補だった。

生涯[編集]

マーティンソンはスウェーデン南東部のブレーキンゲ地方にあるJämshögで生まれた。幼い時に両親を失い、里子として育った。16歳の時に脱走して船に乗り込み、翌年はブラジルインドなどを回りながら世界中を旅して過ごした。

数年後、彼は肺の病気のためスウェーデンに帰国することを余儀なくされた。そしてこの翌年は定職に就くこともなくスウェーデン国内で浮浪者として過ごした。21歳の時にはマルメの町で浮浪罪で逮捕された。

彼は1929年に詩人としてデビューした。アルトゥール・ルンドクビストらとともに詩集Fem unga(若5人)を刊行し、スウェーデンにモダニズムを紹介した。彼の詩には自然への愛と鋭い視点、ヒューマニズムへの深い思いがあった。彼は若い頃の辛い時代を描き1935年に出版した半自伝的小説Nässlorna blommaで小説家としても評価を得た。この小説は30ヶ国語以上に翻訳された。

彼の最も有名な詩は、宇宙で遭難し漂流する宇宙船を描いたAniaraという作品で、これは1956年に出版され、1959年にはカール・ビルイェル・ブロムダールによりオペラ化もされた。

彼は1929年から40年までスウェーデン人作家のモア・マーティンソンと結婚していた。そして1970年代のノーベル賞をめぐる彼への批判に耐え切れず、1978年にカロリンスカの病院ではさみによる自殺をした。

2004年には、彼の生誕100周年がスウェーデンで盛大に祝われた。

邦訳[編集]

  • マーティンソン 詩集(田中三千夫訳) ノーベル賞文学全集 主婦の友社、1976