ハリー・ポウレット (第4代クリーヴランド公爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第4代クリーヴランド公爵
ハリー・ポウレット
Harry Powlett, 4th Duke of Cleveland
4thDukeOfCleveland.jpg
4代クリーヴランド公
生年月日 1803年4月19日
没年月日 1891年8月21日 (満88歳没)
死没地 イギリスの旗 イギリスロンドンウェストミンスターセント・ジェイムズ・スクエア
出身校 オックスフォード大学オリオル・カレッジ
所属政党 ホイッグ党自由党
称号 ガーター勲章勲爵士 (KG)
配偶者 キャサリン・スタンホープ
テンプレートを表示

第4代クリーヴランド公爵ハリー・ジョージ・ポウレット: Harry George Powlett, 4th Duke of Cleveland1803年4月19日 - 1891年8月21日)は、イギリスの貴族、政治家。ガーター勲章勲爵士(KG)。

出生時の名前はハリー・ジョージ・ヴェイン (Harry George Vane) であり、1827年から1864年まではハリー・ジョージ・ヴェイン卿Lord Harry George Vane)の儀礼称号を称した。

生涯[編集]

1803年4月19日、ハリー・ヴェインは第3代ダーリントン伯爵英語版ウィリアム・ヴェイン英語版の3男として誕生した。父のウィリアム・ヴェインは1827年にクリーヴランド侯爵、1833年にクリーヴランド公爵に叙された。

ハリー・ヴェインは1821年にオックスフォード大学オリオル・カレッジへ入学、1829年に学士号(B.A.)を授与された[1][2]。卒業後は外交官となり、1829年に大使館員(Attaché)としてパリへ、1839年から41年まで公使館書記官(Secretary of Legation)としてストックホルムへ赴任した[1][2]。その後1841年から1859年まで南ダラム州選挙区選出の、1859年から襲爵する1864年までサセックスヘースティングズ選挙区選出の自由党所属庶民院議員を務めた[1][2]

1864年、兄の第3代クリーヴランド公爵ウィリアム・ヴェイン英語版が死去すると、ヴェインは兄からクリーヴランド公爵・クリーヴランド侯爵・ダーリントン伯爵・バーナード子爵・バーナード男爵英語版などの爵位を継承した[1][2][3]。また同年勅許を得て母方の姓であるポウレットへと改姓し[4]、第4代クリーヴランド公爵ハリー・ジョージ・ポウレットと称した。

クリーヴランドは1865年にガーター勲章を授けられた[5]1866年に初代ラッセル伯爵ジョン・ラッセル第2次内閣第二回選挙法改正をめぐる質疑で崩壊の危機に陥ると、彼は自由党ホイッグ党)と保守党トーリー党)による反改革派の連立政権における首相候補として挙げられた[6]

1891年にクリーヴランドが死去すると、クリーヴランド公爵位をはじめほとんどの爵位は断絶した[1]。ただし従属称号であったバーナード男爵については、遠戚のヘンリー・ヴェイン英語版へと継承された。

家族[編集]

ハリー・ヴェインは1854年8月2日に第4代スタンホープ伯爵英語版フィリップ・ヘンリー・スタンホープ英語版の娘であるキャサリンとケントシェベニング英語版で結婚した[1][3]。二人の間に子供はなかった。

なお彼女は第4代ローズベリー伯爵アーチボルド・プリムローズの長男であるダルメニー卿アーチボルド・プリムローズ英語版と結婚したが、夫に先立たれていた[1][2][3]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g PD-icon.svg Cokayne, George Edward, ed (1913). “CLEVELAND” (英語). The Complete Peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain, and the United Kingdom Extant, Extinct, or Dormant. 3 (New ed.). London: The St. Catherine Press, ltd. p. 286. http://archive.org/stream/completepeerageo03coka#page/286/mode/2up 2012年8月29日閲覧。. 
  2. ^ a b c d e PD-icon.svg Doyle, James William Edmund, ed (1886). “CLEVELAND.” (英語). The Official Baronage of England: Showing the Succession, Dignities, and Offices of Every Peer from 1066 to 1885. 1. London: Longmans, Green & Co.. pp. 416-417. http://archive.org/stream/officialbaronag00doylgoog#page/n434/mode/2up 2012年8月29日閲覧。. 
  3. ^ a b c PD-icon.svg Burke, Bernard, Sir, ed (1869). “CLEVELAND.” (英語). A genealogical and heraldic dictionary of the peerage and baronetage of the British Empire (31 ed.). London: Harrison. pp. 236-238. http://www.archive.org/stream/genealogicalhera00inburk#page/236/mode/2up 2012年8月29日閲覧。. 
  4. ^ London Gazette: no. 22915, p. 5797, 1864年11月25日. 2012年8月29日閲覧。
  5. ^ London Gazette: no. 22958, p. 2040, 1865年4月14日. 2012年8月29日閲覧。
  6. ^ Blake, Robert (1966) (英語). Disraeli. New York: St. Martin's Press. p. 439. ISBN 0-19-832903-2. http://books.google.co.jp/books?id=hjUOAAAAQAAJ&pg=PA439#v=onepage&q&f=false 2012年8月29日閲覧。. 

外部リンク[編集]

先代:
ウィリアム・ヴェイン
クリーヴランド公爵
第4代: 1864-1891
次代:
(断絶)
先代:
ウィリアム・ヴェイン
バーナード男爵
第8代: 1864-1891
次代:
ヘンリー・ヴェイン