ハリー・フレイジー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハリー・フレイジー(1916年)

ハリー・フレイジーHarry Herbert Frazee, 1880年6月29日 - 1929年6月4日)は、アメリカメジャーリーグの元球団経営者。

来歴・人物[編集]

1880年イリノイ州ピオリアで生まれ、1916年ジョセフ・ ランニンよりボストン・レッドソックスを買収しオーナーに就任する。オーナー職は1923年まで務めたが、財政の問題からベーブ・ルースニューヨーク・ヤンキースに放出するなど度重なる有力選手放出を行い、「バンビーノの呪い」を引き起こしたことでも知られている。

1929年ニューヨークで死去(満48歳没)。

ベーブ・ルース放出とバンビーノの呪い[編集]

1916年にオーナー職に就いたものの、球団を50万ドルのローンで購入したこととブロードウェイ・ショーの制作も行っていたことから資金集めに困窮し、球団は極度の財政難に陥った。このため1918年シーズン終了後から資金確保を目的に主力選手の放出が開始された。中でもベーブ・ルースは1919年に当時の年間最多本塁打記録となる29本塁打を記録したことで、前年に1万ドル(現在の金銭価値で約11万ドル)をもらっていながらその倍の2万ドル(現在の金銭価値で約22万ドル)を要求しており、極度の財政難にあったレッドソックスには重荷となっていた。その為、12万5千ドル(現在の金銭価値で約135万ドル)の金銭獲得と30万ドル(現在の金銭価値で約325万ドル)以上の負債の肩代わりを名目に、ヤンキースへと放出した[1]。これには良きライバルとして互いの興行収入を上げようとの狙いもあったが、両チームはその後明暗がはっきりと分かれてしまった。

ヤンキースは「ボルチモア・オリオールズ」(現存球団とは別)としての発足以来低迷が続いていたが、ルース移籍2年目の1921年に早くも初のリーグ優勝を果たすと、その2年後の1923年には初の世界一まで達成し、20世紀中に37回のリーグ優勝と26回のワールドシリーズ制覇を経験する強豪球団へ変貌した。一方のレッドソックスは1918年までに6回のリーグ優勝と5回のワールドシリーズ制覇を経験していたが(1904年ニューヨーク・ジャイアンツの対戦拒否によりワールドシリーズ非開催)、1919年から15年連続負け越し、特に1925年から1930年にかけては6年連続最下位を記録する有様であった。その後1946年に28年ぶりのリーグ優勝を果たすも、20世紀中はこの年を含め4度出場したワールドシリーズ全て3勝4敗で敗退し、ワールドシリーズ制覇は更に58年後(1918年から通算して86年後)の2004年まで待つこととなった。

脚注[編集]

  1. ^ この時はシカゴ・ホワイトソックスもルース放出の交渉に応じたが、掲示金額が6万ドル(現在の金銭価値で約65万ドル)と低かったことで、これに加えて代替選手としてジョー・ジャクソン(後にブラックソックス事件で永久追放)を掲示しながらもルース獲得を逃している。また、他の5球団は当時のアメリカンリーグ会長のバン・ジョンソンによる差し金で、交渉のテーブルにすら着かなかった。

外部リンク[編集]