ハリー・ヒンズリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハリー・ヒンズリー(Francis Harry Hinsley, 1918年11月26日-1998年2月16日)は、イギリス歴史学者。ヒンスレー、ヒンズレーなどとも記述される。

ケンブリッジ大学在学中の1939年、イギリス・政府通信本部にリクルートされ勤務。ドイツ海軍の情報解読任務に携わる。戦後、復学し、後にケンブリッジ大学で国際関係史担当教授となる。

著書[編集]

単著[編集]

  • Hitler's Strategy, (Cambridge University Press, 1951).
  • Power and the Pursuit of Peace: Theory and Practice in the History of Relations between States, (Cambridge University Press, 1963).
佐藤恭三訳「翻訳:F・H・ヒンズリー『権力と平和の模索――国際関係史の理論と現実』(1-10)」『専修法学論集』70号・72号・74号・79号・80号・81号・95号・96号、1997年-2006年/『専修大学法学研究所所報』24号、2001年
  • Sovereignty, (C. A. Watts, 1966, 2nd ed., 1986).
  • Nationalism and the International System, (Hodder and Stoughton, 1973).

共著[編集]

  • British Intelligence in the Second World War, vol. 2: Its Influence on Strategy and Operations, with E. E. Thomas, C. F. G. Ranson, R. C. Knight, (Cambridge University Press, 1981).
  • British Intelligence in the Second World War, vol. 4: Security and Counter-Intelligence, with C. A. G. Simkins, (Cambridge University Press, 1990).

編著[編集]

  • Material Progress and World-Wide Problems, 1870-1898, (Cambridge University Press, 1962).
  • British Foreign Policy under Sir Edward Grey, (Cambridge University Press, 1977).

共編著[編集]

  • Codebreakers: the Inside Story of Bletchley Park, co-edited with Alan Stripp, (Oxford University Press, 1993).

関連項目[編集]