ハリデ・エディプ・アドゥヴァル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハリデ・エディプ・アドゥヴァル
誕生 ハリデ・エディプ
1884年1月7日
Flag of the Ottoman Empire.svg オスマン帝国イスタンブル
死没 1964年1月9日
トルコの旗 トルコイスタンブル
職業 小説家
テンプレートを表示
ハリデ・エディブ
ハリデ・エディブ

ハリデ・エディプ・アドゥヴァル (ハリデ・エディプ、トルコ語: Halide Edip Adıvar1884年1月7日 - 1964年1月9日)は、トルコ作家。トルコ・ナショナリズムに傾倒し、トルコ革命には兵士として参加した。

来歴[編集]

ハリデ・エディブは、イスタンブルの廷臣の子として生まれた。アメリカ系のミッションスクールであるロバート大学で、アラビア語と数学を学び、1901年に卒業した[1]1908年青年トルコ人革命の翌年に最初の作品を発表し、統一と進歩委員会機関誌[2]をはじめとした雑誌や新聞に小説を投稿するかたわら、各地の学校で教鞭をとった。最初の結婚で、2児をもうけたのち離婚、1912年アドナン・アドゥヴァル(アドナン博士)と結婚[3]、この頃から、さらに民族運動に対し活動的になっていった。イスタンブルの国民会議で指導的役割を果たし、トルコ独立戦争中の1920年には、イスタンブルの軍事法廷で、ムスタファ・ケマル、アドナン博士などとともに死刑を宣告されたが、アナトリアの戦場で兵士としてたたかった。戦争に勝利した1922年には、戦争中の体験を踏まえ、従軍看護婦とふたりの戦士を描いた『試練』で祖国愛を訴えた。イスタンブルではなくアナトリアを舞台とした作品が発表されたことはトルコの文学史上でも画期的なことであった[4]。オスマン帝国の滅亡後、独立戦争を共にたたかったケマルと対立し1926年から1936年までフランス第三共和政下のフランスイギリスに渡った。1939年に帰国後は、イスタンブルで英文学の教授となった。1950年から1954年まで議員をつとめた。


脚注[編集]

  1. ^ Ayse Yuksel. “About RC Library”. 2008年7月2日閲覧。
  2. ^ 近現代中東人名辞典”. 2008年6月2日閲覧。
  3. ^ 新井政美 『トルコ近現代史』 みすず書房、2001年ISBN 9784622033882
  4. ^ 勝田茂「トルコ文学のなかのオルハン・パムク」- 『トルコとは何か』 藤原書店〈別冊 環〉、2008年、271ページ。ISBN 978-4-89434-626-0