ハリエニシダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハリエニシダ
Starr 030405-0004 Ulex europaeus.jpg
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: マメ目 Fabales
: マメ科 Fabaceae
: ハリエニシダ属 Ulex
: ハリエニシダ U. europaeus
学名
Ulex europaeus
L.
英名
Common gorse
Ulex europaeus8.jpg
Common Gorse (Ulex europaeus) flowers close up T2i IMG 101 0837 NR edit.JPG

ハリエニシダ(針金雀児、Ulex europaeus) は、マメ目マメ科に分類される植物の一種。西ヨーロッパイタリア原産で、日本にも外来種として定着している。

分布[編集]

西ヨーロッパからイタリアが原産地となる[1]

スペインポーランドオーストラリアニュージーランドアメリカカナダコスタリカペルーウルグアイ、日本、中国インドネシアスリランカなどの世界各地に移入分布している[1]

特徴[編集]

高さ1.0-2.5mほどの常緑低木。枝には緑色のするどい刺があり、葉も刺と化している。花期は初春と秋で、黄色い花を咲かせる。種子はアリによって運ばれる。

日当たりのよい空き地に生育する。

外来種問題[編集]

日本では観賞用に導入され、1886年に東京の小石川植物園で栽培されていた記録がある[1]。最初の野外への定着は、1950年の横浜市でのことであり、今では本州神奈川県和歌山県島根県)や四国に拡大している[1]。オーストラリアでは、放牧用の垣根に利用する目的で導入したものが野生化した[2]

牧草地に侵入すると長い刺によって家畜が傷つけられてしまう。刺があるため手作業で抜き取るのは困難である。こうした刺の存在は、本種が侵略的な外来種といわれる理由のひとつでもある。火入れや除草剤による駆除も試行されているが、埋土種子や根からの繁殖力が非常に高いため、簡単には根絶できない[2]ヤギを用いた天敵導入が有効であるが、ヤギ自体が侵略的な外来種ともなりうるため、扱いには注意を要する[2]

外来生物法によって要注意外来生物に指定されている。また、繁殖力の強さと駆除の難しさから世界の侵略的外来種ワースト100にも選定されている。

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d ハリエニシダ 国立環境研究所 侵入生物DB
  2. ^ a b c 多紀保彦(監修) 財団法人自然環境研究センター(編著) 『決定版 日本の外来生物』 平凡社2008年4月21日ISBN 978-4-582-54241-7