ハヤー・ビント・アル=フセイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハヤー・ビント・アル=フセイン
هيا بنت الحسين
H.R.H. Princess Haya bint Al Hussain
ヨルダン王女・ドバイ王妃
出生 1972年5月3日(42歳)
ヨルダンの旗 ヨルダン
配偶者 ムハンマド・ビン・ラーシド・アール=マクトゥーム
子女 アル=ジャリーラ・ビント・ムハンマド・ビン・ラーシド・アール・マクトゥーム、
ザーイド・ビン・ムハンマド・ビン・ラーシド・アール=マクトゥーム
父親 フセイン1世
母親 アリア・アル・フセイン
テンプレートを表示

ハヤー・ビント・アル=フセイン(هيا بنت الحسين‎, 英語表記:Her Royal Highness Princess Haya bint Al Hussain, 1972年5月3日-)は、ドバイ首長およびアラブ首長国連邦副首相ムハンマド・ビン・ラーシド・アール・マクトゥーム第二夫人。第3代ヨルダン国王フセイン1世の三女。称号はヨルダン王女およびドバイ王妃。

略歴[編集]

1972年、フセイン・ビン・タラールと王妃アリヤの間に生まれる。バドミントン・スクール、ブライアンストン・スクールを経て、オックスフォード大学セントヒルダズ・カレッジに学び、哲学・政治経済学士卒業。2004年4月10日にドバイ首長ムハンマド・ビン・ラーシド・アール・マクトゥームと結婚、第二夫人となり、2007年10月10日に長女アル・ジャリーラを出産した。アル・ジャリーラの誕生日はアラブ首長国連邦の祝日となっている。

主な活動・業績[編集]

スポーツ分野における活動[編集]

特に馬術競馬といった分野の業績において知られ、2000年のシドニーオリンピックにおいてはヨルダン代表として障害飛越競技に出場、代表選手団の旗手も務めた。ほか数々の馬術競技会に出場しており、2006年からは国際馬術連盟理事長に選任されている。また、国際オリンピック委員会においてアスリート委員も務める。

馬主として競走馬の所有も行っており、2008年6月には所有馬ニューアプローチがイギリスのダービーステークス、同年10月にはレイヴンズパスが北米の最高賞金競走ブリーダーズカップ・クラシックを制覇している。夫ムハンマドは有数の大馬主として知られており、ゴドルフィンダーレーグループといった世界各地に拠点を置く大規模な競走馬管理・生産組織を主宰している。2009年にはムハンマドと、第一夫人の子ハムダーン太子と共に、日本中央競馬会において馬主登録を認可された最初の外国人となった[1]。馬主欄では「H.R.H.プリンセス・ハヤ」などと表記される。

日本における主な所有馬[編集]

平和・人道支援活動[編集]

ヨルダンにおいて飢餓撲滅を目的とする最初のNGO・Tikyet Um Aliを設立、またドバイ国内においては平和・人道支援活動を支援するドバイ・インターナショナル・ヒューマニタリアン・シティーの理事長を務める。2005年から2007年にかけてはアラブ人女性初の国連大使として世界食糧計画に携わり、2007年には国連ピース・メッセンジャーにも任命されている。また、コフィー・アナンが代表創立者となったグローバル人道フォーラムの設立メンバーの一名でもあり、他にも様々な平和人道活動支援を行っている。

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 4人の外国人馬主を認可”. スポニチアネックス (2010年1月29日). 2009年11月26日閲覧。