ハミナ級ミサイル艇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハミナ級ミサイル艇
Tornio Särkänsalmi 1.JPG81 トルニオ(Tornio)
艦級概観
艦種 ミサイル艇
就役開始 1998年
前級 ラウマ級ミサイル艇
次級
同型艇 4隻
性能要目
排水量 満載 250t
全長 51.0m
全幅 8.5m
吃水 1.7m
機関 MTU 16V 538 TB93ディーゼルエンジン(5,520kW) 2基
ロールス・ロイス Kamewa 90SII ウォータージェット 2基
最大速力 30kt
航続距離 500nmi/24kt
乗員 26名
兵装 ボフォース57mm/70 Mk3 単装砲 1門
NSV 12.7mm機銃 2挺
ウムコントゥ短SAM VLS(8セル) 1基
RBS-15 Mk.3SSM発射筒 4基
エルマLLS-920 9連装対潜ロケット弾発射機 4基
機雷爆雷投下軌条 1基
レーダー TRS-3D/16-ES マルチモード3次元レーダー
ソナー Sonac/PTA 曳航ソナー
C4I ANCS-2000 CMS
電子戦 ラインメタル MASS(Multi Ammunition ソフトキルシステム)
チャフフレア発射機
タレス マチルダレーダー警報システム

ハミナ級ミサイル艇フィンランド語: Hamina-luokan ohjusvene, : Hamina class missile boat)は、フィンランド海軍ミサイル艇1998年-2006年に4隻建造された。

概要[編集]

フィンランドミサイル艇は、対艦ミサイルによる対艦戦、機雷敷設、ソナーを備え対潜水艦戦など多用途に使用できるように考慮されており、都市名が付けられている。

前級のラウマ級を原型としているが、ステルス性への配慮が導入され、個艦防空ミサイルにより防空能力は強化され、ANCS-2000 戦闘調整システムによってシステム艦としての構築が行なわれている。

船体[編集]

アルミニウム炭素繊維などの複合材料で軽量に造られており、艦橋など構造物には傾斜がかけられ、レーダー吸収材を使用している。艦橋・戦闘指揮所など重要部には装甲が施されている。

ウォータージェット推進により、浅海面での航行および高速力と優れた運動性を発揮する。

兵装[編集]

ボフォース57mm砲砲塔はステルス形状のMk3型、RBS-15対艦ミサイルの発射筒は起倒式、ウムコントゥ艦対空ミサイルVLSなどステルス性を有している。艦対空ミサイルは、前級の歩兵用携帯式の艦載型サドラルから個艦防御(ポイントディフェンス)用に開発されたウムコントゥへと能力が向上している。

同型艇[編集]

83 ポリ(Pori)
  • 80 ハミナ(Hamina)1998年8月就役
  • 81 トルニオ(Tornio)2003年5月就役
  • 82 ハンコ(Hanko)2005年6月就役
  • 83 ポリ(Pori )2006年6月就役


登場作品[編集]

57mm艦砲RIM-116 RAM対空ミサイルMk 33 3インチ砲を装備しており、全兵器中最大の大きさを誇る。

関連項目[編集]