ハフマンプレーリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハフマンプレーリー (現地ではHuffman Prairie Flying FieldまたはHuffman Prairie) はライト兄弟が飛行活動の拠点とした、「世界で最初の空港」である[3]デイトン (オハイオ州)都市圏にあり[1]ハフマンプレーリーはアメリカ合衆国の史跡指定(National HIstoric Landmark)を1990年に受けている[4]

ハフマンプレーリーの土地は34ヘクタールの7角形の草地である。写真中の白い旗が史跡の区画境界を示している。

ライト兄弟は1903年に初の動力飛行を成功させた後の飛行活動のため適地を探していたところ、デイトンの銀行家Torrence Huffmanから所有地の草地を無料で借り受けることができた。土地の名前はこの所有者に由来する。兄弟は1904年にはライトフライヤーIIで105回計49分間の飛行を実施、1905年にはライトフライヤーIIIでウィルバーが39km(24マイル)・39分間の飛行を達成。いったん当地での試験飛行を中断、次には1910年よりライト・カンパニーの試験飛行と飛行学校の活動を再開した。ライト・カンパニーのハフマンプレーリーの利用は1916年まで続いた[5]

現在ハフマンプレーリーはライトパターソン空軍基地の敷地内にあるが史跡として日本人も含め一般の自家用車でのアクセスが可能である(衛星写真[2]

1990年に1905年の格納庫と発航装置(カタパルトメカニズム)のレプリカが、2003年の動力飛行100周年事業で説明板、遊歩道、駐車場が整備された。


注釈[編集]

  1. ^ 一般には最寄の大きな都市であるデイトンにあると言うが行政区画ではFairborn市。
  2. ^ ハフマンプレーリーの見学にはライトパターソン空軍基地の真ん中を東西に走る444号線から基地のゲート16Aに入る。(運転案内図)夏休み以外は見学客も少なく当時の様子が偲ばれる。1時間ほどで北東側の主要部分を一周できる。ライトパターソン空軍基地内にある国立アメリカ空軍博物館を半日かけて見学し、さらにライト兄弟の自転車ショップ[1]を1時間ほどで回ると最初期の飛行機の一般的な歴史観光の完成となる。[2]

外部リンク[編集]