ハビエル・ブストー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Javi Busto Nov.2006 003.jpg

ハビエル・ブストー(Javier Busto 「ハヴィエル」「ブスト」とも表記される。1949年 -)は、スペインバスク国生まれの作曲家合唱指揮者

略歴[編集]

オンダリビアに生まれる。幼い頃に聖歌隊に所属し、ソプラノソロを歌っていた。バリャドリード大学では医学を学び、やがて内科医となるものの、作曲を独学で習得。作品は合唱曲がほとんどであり、その多くは混声合唱女声合唱のための宗教音楽である。彼の楽譜は、バスク国にあるBustovegaというブストー作品専門の出版社をはじめ、アメリカイギリスドイツスウェーデンでも出版されている。歌詞の言語にはラテン語の他、バスク語英語スペイン語などが使われている。

また、アーウィン・リストの下で合唱指揮法を学び、合唱指揮者としても活躍している。1995年にはカンタ・カンテムス合唱団(Kanta Cantemus Kuroa)を設立し、自作の録音活動を行っている。

日本では、1990年代後半から彼の作品が演奏されはじめた。1997年には神戸中央合唱団の委嘱を受けて、混声合唱とクラリネットのための「Missa pro defunctis 死者のためのミサ」を作曲し、それ以来、たびたび日本の合唱界に関わっている。2000年2002年には「東京カンタート」に招かれた。「Missa pro defunctis」は阪神・淡路大震災の犠牲者を追悼するために書かれており、歌詞にはラテン語の他、『古事記』からの一節が日本語のまま使用されている。

作品[編集]

混声合唱[編集]

  • Alma Redemptoris Mater
  • Ametseten
  • Amodioa
  • Ave Maria
  • Ave maris stella
  • Ave verum corpus
  • Axuri beltza
  • Basque magnificat
  • Comedetis carnes
  • Ego sum pastor bonus
  • Exsultate Deo
  • Francisco Pino "Poemas"
  • Hodie Christus natus est
  • Joseph fili David
  • Jubilate Deo
  • Laudate Dominum
  • Laudate pueri
  • Lili eder bat
  • Lux fulgebit
  • Maritxu nora zoaz
  • Missa brevis "Pro pace"
  • Missa pro defunctis
  • O magnum mysterium
  • O sacrum convivium
  • O vos omnes
  • Praise the Lord
  • Puer natus est nobis
  • Sagastipean
  • Shorter's Gloria
  • Stabat Mater
  • The Lord is my Shepherd
  • Zutaz

女声合唱[編集]

  • Alleluia
  • Alma Redemptoris Mater
  • Amodioa
  • Ave Maria gratia plena
  • Bustapi
  • Gabona, berri ona!
  • Gauaren zergatiaren bila
  • Hiru Eguberri kanta
  • Kaia barrenean
  • La noche en la isla
  • Lafa-lafa
  • Laudate Dominum
  • Magnificat
  • Marixtu nora zoaz
  • Missa Augusta
  • Popule meus
  • Responsorio de Navidad
  • Salve Regina
  • The Lord is my Shepherd
  • Zutaz

男声合唱[編集]

  • Cuatro cantos penitenciales

外部リンク[編集]