ハネムーン・キラーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハネムーン・キラーズ
The Honeymoon Killers
監督 レナード・カッスル
脚本 レナード・カッスル
製作 ウォーレン・スタイベル
出演者 シャーリー・ストーラー
トニー・ロビアンコ
ドーサ・ダックワース
音楽 グスタフ・マーラー
撮影 オリヴァー・ウッド
編集 スタンリー・ヴァーノウ
リチャード・ブロフィ
配給 American International Pictures
公開 アメリカ合衆国の旗 1970年2月4日
日本の旗 2000年6月17日(東京)
上映時間 115分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $150,000 (概算)
テンプレートを表示

ハネムーン・キラーズ』(The Honeymoon Killers) は、1970年に製作されたレナード・カッスル監督・脚本のカルト映画である。

概要[編集]

1940年代に実際に起こった連続殺人事件をベースに、ドキュメンタリー調のフィルム・ノワールに仕上がっている本作[1]オペラ作曲家という異色の経歴を持つレナード・カッスルが初監督を務めている。製作当初は、当時まだ若手映画監督だったマーティン・スコセッシが企画をすすめていた。1970年アメリカ合衆国で公開され、徐々に人気が広まっていき30年経った2000年日本でもようやく日の目を浴びた。2001年にはDVDとして発売もされ、数多くの映画ファンたちから賞賛を得ている。現在ではカルト映画として紹介されることが多いが、フランソワ・トリュフォーが『最も愛するアメリカ映画』とまで評した。『ディア・ハンター』のシャーリー・ストーラーと、『フレンチ・コネクション』のトニー・ロビアンコが実在したカップルのマーサとレイを演じている。今作以降、監督のレナード・カッスルは映画を撮っていない。

あらすじ[編集]

看護婦長であるマーサ・ベック(シャーリー・ストーラー)は恋人もおらず、母親と二人で質素に暮らしていた。そんなある日、マーサに見かねた友人は彼女に文通クラブへの入会を勧める。はじめは乗り気でなかったマーサだが、そんな彼女の元へ一通の手紙が届く。それはニューヨークに住むスペイン系移民のレイ・フェルナンデス(トニー・ロビアンコ)だった。自分にラブ・レターを送った相手に恋心を抱いたマーサはいざニューヨークへ。ようやくレイと対面するマーサだったが、そんなマーサにレイは自分が結婚詐欺師であることを告白する。そのことに多少のショックを覚えるマーサだったが、そんなレイについていくことを決意。母親との生活を捨て、マーサは“共犯者”としてレイの結婚詐欺に手を染めていき、やがてそれはエスカレートして殺人まで犯していく…。

スタッフ・キャスト[編集]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “Seek More Victims of ‘Lonely Hearts’ Killers,” The Lowell [Mass.] Sun, March 2, 1949; “Justice for Mr. and Mrs. Bluebeard,” The Sunday Press [Binghamton, N.Y.], Feb. 18, 1951, p. 8-C.

外部リンク[編集]