ハニー・ドント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハニー・ドント
カール・パーキンスブルー・スウェード・シューズのB面
リリース 1956年1月1日
録音 1955年12月
ジャンル ロカビリー
時間 2分53秒
レーベル サン・レコード
作詞者 カール・パーキンス
プロデュース サム・フィリップス

ハニー・ドント」 ("Honey Don't")は、アメリカロカビリー・ミュージシャンカール・パーキンスの楽曲である。

解説[編集]

本作は1956年1月1日[1]にシングル「ブルー・スウェード・シューズ」のB面として収録され発売している。2曲共にロカビリーの古典となった。この曲は20以上の他のアーティストによってカヴァーされている。カヴァーしたアーティストにはビートルズ、ロニー・ホーキンス、ジョニー・リヴァーズなどがいる[2]。"Go, Cat, Go! The Life and Times of Carl Perkins, the King of Rockabilly"の作者デヴィッド・マギーによると、カール・パーキンスが初めてリハーサル時にこの曲を持って来たとき、バンドはパーキンス兄弟とW.S. ホランドで構成されていた。

カールが初めてジェイに曲を演奏すると、ジェイはコードの選択がおかしなものに聞こえたと抗議した。最初、ジェイは一緒に演奏することを拒んだ。しかしながらカールは彼にこれはちょっとした違いであると納得させ、結果としてこの曲におけるコード選択はこの曲において最も興味深い面の一つとなった。

ビートルズによるカヴァー[編集]

ハニー・ドント
ビートルズ楽曲
収録アルバム ビートルズ・フォー・セール(ビートルズ '65)
リリース 1964年12月4日
録音 アビー・ロード・スタジオ 1964年9月29日9月30日
ジャンル ロカビリー
時間 33 (monaural version)
2分57秒 (stereo version)
2分11秒 ("The Beatles Live At The BBC" version)
レーベル EMIパーロフォンキャピトル・レコード
作詞者 カール・パーキンス
プロデュース ジョージ・マーティン
ビートルズ・フォー・セール(ビートルズ '65) 収録曲
A面
  1. ノー・リプライ
  2. アイム・ア・ルーザー
  3. ベイビーズ・イン・ブラック
  4. ロック・アンド・ロール・ミュージック
  5. アイル・フォロー・ザ・サン
  6. ミスター・ムーンライト
  7. メドレー「カンサス・シティヘイ・ヘイ・ヘイ・ヘイ
B面
  1. エイト・デイズ・ア・ウィーク
  2. ワーズ・オブ・ラヴ
  3. ハニー・ドント
  4. エヴリー・リトル・シング
  5. パーティーはそのままに
  6. ホワット・ユー・アー・ドゥーイング
  7. みんないい娘

ビートルズによるカヴァー・ヴァージョンは1964年12月4日に発売された4枚目のイギリス盤公式オリジナル・アルバムビートルズ・フォー・セール(ビートルズ '65)』のB面3曲目に収録された。リード・ヴォーカルリンゴ・スターである。

これより前はジョン・レノンがライヴでこの曲を歌っていたが、アルバムではリンゴ・スターが歌を披露している。必ずアルバムに1曲はリード・ヴォーカルを取る曲を入れるための措置である。曲の中で"Rock on George, for Ringo one time!"と自身に言及しながらハリソンのギターリフへの導入としている。

ジョン・レノンが歌っているヴァージョンについては『ザ・ビートルズ・ライヴ!! アット・ザ・BBC』に収録されている[3]ジョージ・ハリスンはパーキンスのファンであり、スターは「ハニー・ドント」をジョージの1周忌である2002年11月29日ロイヤル・アルバート・ホールで行われたコンサート・フォー・ジョージで歌った[4]

演奏[編集]

クレジットはイアン・マクドナルドによる。[5]

収録盤[編集]

その他のカヴァー[編集]

  • カントリーシンガーであるビリー・クラッシュ・クラドックは1986年に自身のアルバム『クラッシュ・クラドック』でカヴァーした。
  • ジョニー・リヴァーズはこの曲を1991年発売のアルバム『メンフィス・サン・レコーディングス』においてカヴァーしている。
  • ドイツのグループ、ミシシッピ・デルタ・ブラザーズがアルバム『ライヴ・レコーディング2007』にこの曲を収録した。
  • ブラジル人のハウル・セイシャスは1975年のアルバム『Novo Aeon』でこの曲をカバーしている。セイシャスの曲「Rock do Diablo」(悪魔のロック)はこの曲に似たメロディと別の歌詞で構成されている。

脚注[編集]

  1. ^ http://www.rockabillyhall.com/BlueSuedeShoes.html "Blue Suede Shoes" story
  2. ^ Dahl. “All performers for "Honey Don't"”. Allmusic. 2007年3月16日閲覧。
  3. ^ (1996年) The BeatlesLive at the BBC』のアルバム・ノーツ, p. 46 [booklet]. London: Apple Records (34448).
  4. ^ (2003年) Various artists『Concert for George』のアルバム・ノーツ, p. 25 [booklet]. Los Angeles: Warner Brothers (R2 74546).
  5. ^ MacDonald, Ian (2005). Revolution in the Head: The Beatles' Records and the Sixties (Second Revised Edition ed.). London: Pimlico (Rand). p. 141. ISBN 1-844-13828-3.