ハナ・スピアリット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハナ・ルイーズ・スピアリット(Hannah Louise Spearritt 、1981年4月1日 - )は、イギリス女優ファッションモデル歌手ダンサー。名はハンナとも表記する。2003年に解散したS Club 7のメンバー。現在は女優業のみを行う。身長は163cm。ニックネームはミンティ、スパナ、ティッチなど。

来歴[編集]

グレート・ヤーマス出身で、3人兄弟の末っ子として生まれる。 3歳のときからモデルをこなし、ロンドンを起点におく青少年劇団ナショナル・ユース・ミュージック・シアターに所属するなど、ミュージカルやドラマにも出演。

1997年、雑誌の広告で見たサイモン・フラー(スパイス・ガールズの元マネージャー)によるS Club 7のオーディションに参加し、合格。

ブリット・アワードを受賞するなど大成功を収めることになったS Club 7の中ではほとんど自分のパートを持つことはなかったが、「Stand by you」、「Dance,Dance,Dance」、「Hey Kitty Kitty」などの楽曲ではメインボーカルを務めた。また、グループの持ち番組の「Miami 7」(1999)、「L.A. 7」(2000)、「Hollywood 7」(2001)、「Viva S Club」(2002)に本人役で出演。

2000年から2004年の間に、雑誌「FHM」の"最もセクシーな100人"に選ばれた。

2003年にS Club 7が解散した後、「エージェント・コーディ ミッション in LONDON」などの映画、ドラマに出演。2007年から2009年まではイギリスのITVの人気恐竜ドラマ「プライミーバル」に出演した。

人物・私生活[編集]

伯父はエディー・スピアリットという元サッカー選手。姉はタンヤ・スピアリットという元モデル、元ファッションデザイナー。

2001年、同じS Club 7のメンバーであり、グループ結成以前にナショナル・ユース・ミュージック・シアターで知り合っていたポール・キャタモールと付き合い始め、「Hollywood 7」(2001)でキスシーンを演じた後にそれを発表する。2002年、ポールがグループを脱退し、2003年にS Club 7が解散した後も2006年までその関係は続いた。

ポールと別れた後、2008年に「プライミーバル」で共演したアンドリュー・リー・ポッツと婚約したが、2013年10月婚約解消を発表。

趣味はキックボクシング、テニス、写真など。

出演作品[編集]

映画[編集]

タイトル 備考
2003 Seeing Double 本人役
2004 エージェント・コーディ ミッション in LONDON エミリー・サマーズ
チャッキーの種 ジョアン
2007 Little Lilly in Chapter 1: Colour Blind Little Lilly 短編映画
Little Lilly in Chapter 2: Fish Little Lilly 短編映画
2008 Little Lilly in Chapter 3: U Turn Little Lilly 短編映画

テレビシリーズ[編集]

タイトル 備考
1998 The Cater Street Hangman Lily テレビ映画
1999 Miami 7 本人役 S Club 7の持ち番組
2000 L.A. 7 本人役 S Club 7の持ち番組
2001 Hollywood 7 本人役  S Club 7の持ち番組
2002 Viva S Club 本人役  S Club 7の持ち番組
2005 Blessed Girl Thingのメンバー エピソード4、6、7
2007-2011 プライミーバル アビー・メイトランド レギュラー
2007 At Bertram’s Hotel Tilly Rice

舞台[編集]

タイトル 備考
1994-1995 Pendragon
1996 Tin Pan Ali
1997 Bugsy Malone Louella
2005 Snow! The Musical Jilly

外部リンク[編集]