ハナヤ勘兵衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
はなやかんべえ
ハナヤ勘兵衛
生誕 本名:桑田和雄
1903年1月12日
大坂
死没 1991年5月15日
国籍 日本の旗 日本
職業 写真家
テンプレートを表示


ハナヤ勘兵衛(はなや かんべい、または、はなや かんべえ、1903年1月12日 - 1991年5月15日)は、写真家。 本名は桑田和雄

人物[編集]

大阪生まれ。写真を学び、芦屋で写真材料店を開く。1930年に、中山岩太が中心となり結成された芦屋カメラクラブ紅谷吉之助高麗清治らとともに参加。その作品には、多重露光フォトモンタージュを駆使したものが多く、強烈なモダニズムを感じさせる。雑誌「光画」にも、その作品が掲載された。また、戦後も活動を続け後進を多く育てた。

桑田商会・株式会社ハナヤ勘兵衛[編集]

ハナヤ勘兵衛はもともと「桑田商会」という写真材料商を芦屋で営んでいたが、この会社は「株式会社ハナヤ勘兵衛」と名称を変え、現在も営業を続けている。(下記外部リンクおよび[1]参照)

ちなみに、現在は、写真材料販売のみならず、写真撮影、プリント、暗室処理、暗室レンタルなども行っている。([2]参照)

代表作[編集]

  • 何デェ(1937年・躍る人間を1つの画面に三重に写し込んで、ブレとともに人物の大きな動きを端的に表現した作品)[3]
  • 船A(1930年)[4]
  • 船B(1931年)[5]
  • 船C(1930年)[6]
    • 以上3点は、一転して構成主義的な作品となっている。(堀野正雄の作品との近接性も感じられる)

主要展覧会[編集]

参考文献[編集]

上記2展覧会の展覧会カタログ(図録)のほか、以下のものがある。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]