ハナヤエムグラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハナヤエムグラ
Sherardia arvensis3.jpg
ハナヤエムグラ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: アカネ目 Rubiales
: アカネ科 Rubiaceae
: ハナヤエムグラ属 Sherardia
: ハナヤエムグラ S. arvensis
学名
Sherardia arvensis
和名
ハナヤエムグラ(花八重葎)

ハナヤエムグラ(花八重葎、学名:Sherardia arvensis)はアカネ科の植物の一種。原産地はヨーロッパ、北アフリカ、南西アジアで、日本にも帰化植物として見られる。ハナヤエムグラ属の唯一の種である。ヤエムグラ属と近縁。1年草で高さ30-40 cmまで成長する。葉には毛が生えており、長さ5-10 mmで6枚輪生する。花は薄い紫色かピンク色で直径約3mmである。