ハナスゲ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハナスゲ
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 単子葉類 monocots
: キジカクシ目 Asparagales
: キジカクシ科 Asparagaceae
亜科 : リュウゼツラン亜科 Agavoideae
: ハナスゲ属 Anemarrhena
: ハナスゲ A. asphodeloides
学名
Anemarrhena asphodeloides
Bunge[1][2]
和名
ハナスゲ[2]

ハナスゲ(学名:Anemarrhena asphodeloides)はリュウゼツラン亜科ハナスゲ属に属する植物の1種。中国東北部・華北に自生する多年生草本で、5-6月頃に緑から淡紫色の花を咲かせる。[要出典]

生薬[編集]

根茎は知母(チモ)という生薬で日本薬局方に収録されている。消炎・解熱作用、鎮静作用、利尿作用などがある。消風散桂芍知母湯酸棗仁湯などの漢方方剤に配合される。[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ the Royal Botanic Gardens, Kew and Missouri Botanical GardenAnemarrhena asphodeloides」『The Plant List』(2015年5月9日閲覧)
  2. ^ a b 米倉浩司・梶田忠「ハナスゲ」」『BG Plants 和名−学名インデックス(YList)』、2003年-(2015年5月9日閲覧)