ハナイカリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハナイカリ
Halenia corniculata 1.JPG
福島県磐梯山 2010年8月
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: リンドウ目 Gentianales
: リンドウ科 Gentianaceae
: ハナイカリ属 Halenia
: ハナイカリ H. corniculata
学名
Halenia corniculata (L.) Cornaz
和名
ハナイカリ(花碇)

ハナイカリ(花碇、学名:Halenia corniculata )はリンドウ科ハナイカリ属一年草または越年草

特徴[編集]

は直立して高さは20-60cmになる。茎には4稜があり、やや分枝する。は無柄で茎に対生する。葉身は長楕円形で先端がとがり、長さ2-6cm、幅1-2.5cmになり、縁は全縁になる。

花期は8-9月。茎の先端および葉腋に集散花序をだす。花冠は淡黄色で4中裂し、長さ6-10mmになり、特徴的な距は長さ3-7mmになる。は全裂し、裂片の長さは花冠の半分から3分の2ほどになる。果実蒴果となり、花冠の同じ長さ。種子は長さ1mmになる。

和名は、距がある花冠の形が船のに似ていることにより付けられた。

分布と生育環境[編集]

日本では、北海道、本州、四国、九州に分布し、山地帯から亜高山帯の日当たりの良い場所に生育する。世界では、朝鮮、中国東北部、千島、樺太、シベリア、カムチャツカ、ヨーロッパ東部に分布する。

品種[編集]

  • ムラサキハナイカリ Halenia corniculata (L.) Cornaz f. purpurea T.Shimizu

ハナイカリ属[編集]

ハナイカリ属(はないかりぞく、学名:Halenia Borckh.、和名漢字表記:花碇属)はリンドウ科の一つ。アジア、アメリカに約40種知られている。日本ではハナイカリ1種が知られている。

一年草、越年草または多年草。葉は対生し、縁は全縁。は頂生および腋生する集散花序になり、花冠は淡黄色で、ときに紫色を帯びるものがある。花冠の背面の基部に距がある。

参考文献[編集]