ハドリー山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハドリー山
アポロ15号が月面着陸した際に撮影されたハドリー山の写真。手前に見えるのは月面車と宇宙飛行士ジェイムズ・アーウィン。
アポロ15号が月面着陸した際に撮影されたハドリー山の写真。手前に見えるのは月面車と宇宙飛行士ジェームズ・アーウィン
標高 約4600 m
所在地
位置 北緯26度30分 東経4度42分 / 北緯26.5度 東経4.7度 / 26.5; 4.7
山系 アペニン山脈
初登頂 記録なし
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

ハドリー山(Mons Hadley)は、アペニン山脈北部にある山塊。山頂地点の月面座標は北緯26.5度、東経4.7度であり、雨の海の南東縁に位置する。高さは4.6キロメートルで、裾野の最大直径は25キロメートルである。

ハドリー山の南西には、1971年にアポロ15号が着陸した腐敗の沼がある。腐敗の沼のさらに南西には、ハドリー・デルタ山と呼ばれる高さ3.5キロメートルの峰がある。ハドリー・デルタ山は北緯25.8度、東経3.8度に位置する。ハドリー山およびハドリー・デルタ山の西方には、ハドリー溝と呼ばれる曲がりくねった深い裂溝が走っている。

ハドリー山やハドリー・デルタ山、ハドリー溝など、これらの地名は、18世紀のイングランドの天文学者ジョン・ハドリーにちなんで名づけられた。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]