メトロノース鉄道ハドソン線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ハドソン線から転送)
移動: 案内検索
ハドソン線
北上するディーゼル車
北上するディーゼル車
路線総延長 74マイル/119 km
軌間 1435 mm
電圧 グランド・セントラル駅-クロトン・ハーモン駅間:
750 V 第三軌条方式直流
最高速度 160 km/h


ハドソン線 (Hudson Line)ニューヨーク州のグランド・セントラル駅とその北に位置するニューヨーク州ポキプシー駅を結ぶメトロノース鉄道が運営する鉄道路線である。

概要[編集]

ハドソン川の東側を北上する鉄道路線である。アムトラックは、この路線を通り、ポーキープシーより北に向かうので、この鉄道では同じ線路上を通勤電車と遠距離列車が走ることになっている。この路線はかつてハドソン・リバー鉄道ニューヨーク・セントラル鉄道だった。

この路線は、大きく2つに分けることができる。マンハッタンからクロトン・ハーモン駅までは電化されており、ほとんどが複々線化されていて、上下線に急行と各駅停車の専用線がある。クロトン・ハーモン駅以北は、非電化線で、ほとんどが複線である。

路線データ[編集]

運行形態[編集]

ダイヤは平日朝の始発列車からグランド・セントラル駅を基準に朝10時までに同駅に到着する、もしくは平日朝9時までに同駅を発車する列車を「AMピーク」、平日夕方4時以降に同駅を発車する列車を「PMピーク」と呼び運賃が若干高めに設定されている。

列車種別はエクスプレス(速達列車)とローカル(普通列車)がある。ピーク時間帯には長距離列車を中心に多数のエクスプレスが運転されるが、停車駅は列車ごとに異なり規則性に乏しい(いわゆる千鳥停車)ので不慣れな利用者にはわかりづらい。なお、平日オフピーク時および土休日ののエクスプレスは以下の停車駅でほぼ固定されておりピーク時よりもわかりやすくはなっているが、()内の駅はポーキープシー駅発着の長距離列車の一部が通過するので完全に固定されているわけではない。

エクスプレス(平日オフピーク時と土休日)

土休日や平日オフピーク時一部時間でごくまれにクロトン・ハーモン駅行きのエクスプレスがあるその列車は上の()内の駅とマーブル・ヒル、ドブス・フェリーやヘイスティングス・オン・ハドソンに止まる。 このエクスプレスが運行されるときは、上のエクスプレスは上の()内は止まりません。=の区間の各駅は時々止まる。

クロトン・ハーモン発着エクスプレス(平日オフピーク時と土休日)
  • グランド・セントラル駅 - ハーレム125丁目駅 - マーブル・ヒル駅 - ヨンカーズ駅 -  ドブス・フェリー駅 - ヘイスティングス・オン・ハドソン駅 = タリータウン駅 = オシニング駅 - クロトン・ハーモン駅

運転本数はピーク時にエクスプレスが駅にもよるが概ね5 - 20分毎、ローカルが15 - 30分毎となっておりエクスプレスの止まらない小駅相互間の利便性を犠牲にしてもマンハッタンへの通勤を考えたものとなっている。平日オフピーク時や土休日はクロトン・ハーモン駅発着のローカルとポーキープシー駅発着のエクスプレスを各々毎時1本ずつ運転するが基本で、土休日や平日オフピーク時一部はこれにクロトン・ハーモン駅発着のエクスプレスが毎時1本加わる。[5]

なお、ヤンキースタジアムで試合がある時は、エクスプレスも時間帯によってヤンキースタジアムに近いヤンキース E. 153ストリート駅に止まる事と、グランド・セントラル駅との間にシャトルを走らせる事と、他線から当駅行きの野球臨時列車が運行される事がある。[6][7]

ハドソン線を走る他社の列車[編集]

ハドソン線は帝国回廊(Empire Corridor、図の赤線)に含まれる
ニューヨーク付近の配線図

ハドソン線にはメトロノース鉄道の列車以外にも、他社の列車が運転されている。代表的なものはアムトラックの旅客列車であり、ハドソン線を通りポキプシー(Poughkeepsie)よりもさらに北へ直通している。これらの長距離列車はハドソン線内では停車駅が限られており、Yonkers、Croton-Harmon、Poughkeepsie以外には停車しない(列車によって異なる)。

ハドソン線の列車はニューヨークではグランド・セントラル駅をターミナルとするが、アムトラックの列車はペンシルバニア駅(Pennsylvania Station)をターミナル駅としている。かつてはアムトラックの列車もグランド・セントラル駅を発着していたが、ハドソン線のRiverdale駅付近とペンシルバニア駅付近とを結ぶエンパイア・コネクション(Empire Connection)という連絡線が整備されたことにより、1991年4月7日からペンシルバニア駅発着に変更された。

ハドソン線にはCSXトランスポーテーションの貨物列車も運転されている。貨物列車はオーク・ポイント・リンク(Oak Point Link)と呼ばれる連絡線を経由することで、マンハッタンを経由せずに北東回廊と帝国回廊を結んでいる。

アディロンダック(Adirondack)
カナダのモントリオールまで走る列車。
エンパイア・サービス(Empire Service)
エンパイア・サービスはニューヨーク・マンハッタンからハドソン線を通り、NY州都のあるオールバニまでを結ぶ列車である。オールバニまでの運転が多いが、ごく一部にナイアガラフォールズ(Niagara Falls)まで運転するものがある。アムトラックの列車の中では本数は比較的多い。
イーサン・アレン・エクスプレス(Ethan Allen Express)
バーモント州まで行く列車である。
メイプルリーフ(Maple Leaf)
メイプルリーフはニューヨーク・マンハッタンからハドソン線を通り、オールバニ、ナイアガラフォールズを経由してカナダトロント(Toronto)まで走る列車である。
レイク・ショア・リミテッド(Lake Shore Limited)
レイク・ショア・リミテッドニューヨークからシカゴまで向かう列車である。途中のオールバニでボストン発着列車の連結・切り離しを行う。

歴史[編集]

  • 2013年12月2日:ポキプシー駅発、グランドセントラル行きの7両編成の列車が脱線転覆。推進運転により走行していた前方4両の客車が横転、車外に投げ出された乗客など死者4人、重軽傷者67人[8]

駅一覧[編集]

★の駅は土休日の上下2本だけが停車。

電化状況 駅名 英名 累計マイル 累計キロ 接続路線・備考 所在地
電化 グランド・セントラル駅 Grand Central Station 0.0 メトロノース鉄道:ハーレム線ニューヘイブン線
ニューヨーク市地下鉄:4号線5号線6号線
7号線・S号線(42nd Street Shuttle)
マンハッタン NY
ハーレム 125丁目駅 Harlem - 125th Street 4.2 メトロノース鉄道:ハーレム線・ニューヘイブン線
ニューヨーク市地下鉄:4号線・5号線・6号線
ヤンキース
E. 153ストリート駅
Yankees
- E. 153rd Street
メトロノース鉄道:ハーレム線・ニューヘイブン線(試合時)
ニューヨーク市地下鉄:4号線・B線D線
ヤンキー・スタジアムの最寄り駅
ブロンクス
ハイブリッジ駅 Highbridge 作業人用、ハイブリッジヤード(車庫)に隣接
モリス・ハイツ駅 Morris Heights 8.1
ユニバーシティ・ハイツ駅 University Heights 8.7
マーブル・ヒル駅 Marble Hill 9.8 ニューヨーク市地下鉄:1号線
スピュトン・ダイビル駅 Spuyten Duyvil 11.1
リバーデイル駅 Riverdale 13.0
ラッドロー駅 Ludlow 14.3 ヨンカーズ ウエスト
チェスター郡
ヨンカーズ駅 Yonkers 15.1 アムトラック
グレンウッド駅 Glenwood 16.2
グレーストーン駅 Greystone 17.8
ヘイスティングス
=オン=ハドソン駅
Hastings
- on - Hudson
19.5 ヘイティングス
=オン=ハドソン
ドブス・フェリー駅 Dobbs Ferry 20.7 ドブス・フェリー
アーズリー=オン=ハドソン駅 Ardsley - on - Hudson 21.7 アービントン
アービントン駅 Irvington 22.7
タリータウン駅 Tarrytown 25.2 タリータウン
フィリップス・マナー駅 Philipse Manor 26.5 スリーピー・ホロー
スカボロー駅 Scarborough 29.5 スカボロー
オシニング駅 Ossining 30.8 オシニング
クロトン・ハーモン駅 Croton - Harmon 33.2 アムトラック クロトン・オン・ハドソン
非電化 コートラント駅 Cortlandt 38.4 コートランド・マナー
ピークズキル駅 Peekskill 41.2 ピークスキル
マニトゥー駅 Manitou 46.0 マニトゥー パットナム郡
ギャリソン駅 Garrison 49.9 ギャリソン
コールド・スプリング駅 Cold Spring 52.5 コールド・スプリング
ブレイクネック・リッジ駅 Breakneck Ridge 55.0 フィッシュキル ダッチェス郡
ビーコン駅 Beacon 59.0 ビーコン
ニュー・ハンバーグ駅 New Hambrurg 65.0 ニュー・ハンブルグ
ポキプシー駅 Poughkeepsie 73.5 アムトラック ポキプシー

将来の計画[編集]

現在、この路線はさらに北に延長する計画がある。これは、ダッチェス郡からの強い要望によるものである。

脚注[編集]

  1. ^ http://www.richegreen.com/MNRRv6.pdf http://www.richegreen.com/yankeediagram.JPG
  2. ^ グランド・セントラル駅 - ハーレム125丁目駅はハーレム線とニューヘイブン線と共用。
  3. ^ 正確にはハーレム125丁目駅とヤンキース E. 153ストリート駅の間からスピュトン・ダイビルとリバーデイル駅の間まで。
  4. ^ モリス・ハイツ駅、ユニバーシティ・ハイツ駅、マーブル・ヒル駅は2線のみ使用可能、主にこの2線を使用。残りの線はまれにエクスプレス、主にと貨物列車使用。
  5. ^ 6/27/2011 現在 http://www.mta.info/mnr/html/planning/schedules/pdf/HUD_MF_627_2011.pdf (平日) http://www.mta.info/mnr/html/planning/schedules/pdf/HUD_SS_627_2011.pdf (土休日) 
  6. ^ しかし午後1時開始の試合では野球臨時列車は運行されない。
  7. ^ 野球臨時列車は普段回送用として使っている連絡線を使って、当駅に入る。
  8. ^ “運転士、うたた寝状態か NY脱線、人為ミス強まる”. 産経新聞. (2013年12月4日). http://photo.sankei.jp.msn.com/highlight/data/2013/12/04/29metronorth/ 2013年12月4日閲覧。 

関連項目[編集]

メトロノース鉄道とその路線
  • イースト・オブ・ハドソン(East of Hudson、ハドソン川より東側を走る路線)
  • ウエスト・オブ・ハドソン(West of Hudson、ハドソン川より西側を走る路線)

外部リンク[編集]