ハトシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハトシ広東語 蝦多士、ha1do1si2、英語 shrimp toast)は、主に東南アジアや日本の長崎で食べられている、食パンの間にエビなどのすり身をはさんで、で揚げた料理。

歴史[編集]

広州の蝦多士[編集]

本来、広東語では「ハートーシー」のように長音で発音される。「蝦(ハー)」はエビを意味する言葉で、「多士(トーシー)」は英語トーストの音訳である。油で揚げたことをはっきり示すために「炸蝦多士」(ジャーハートーシー)と言うこともある。パンを用いるので、最近の料理のように思えるが、100年余り前には広州でも作られていた古い料理の一つといわれる。アメリカなどのチャイナタウンで出す店もある。

長崎のハトシ[編集]

長崎卓袱料理のハトシ

長崎県長崎市では、江戸時代から貿易を通じて、国、国などとの交流があり、今の中国や東南アジアの料理も伝えられ、卓袱料理と総称されていた。明治時代に清国から伝えられたのが「蝦多士」で、長崎では広東語をまねたハトシという呼び方で広まった。一時期は家庭でも作るほど普及したが、すり身を用意するのが手間などの理由で、家庭で作ることは減り、中華料理店のメニューや、店頭販売の軽食として販売されている。また、本来のエビをつかったものの他、魚のつみれ、豚肉や豚角煮など、別の材料を使ったはさみ揚げも作られている。

台湾の蝦吐司[編集]

広州の蝦多士は、台湾に伝わると、台湾でのトーストの呼び名「土司」、「吐司」に合わせて、「蝦土司」、「蝦吐司」(中国語 シャートゥースー、xiātǔsī、台湾語 ヘートースー)と呼ばれるようになった。広東料理店などのメニューのひとつとなっている。

また、夜店の屋台でよくみかける変種として、殻と背わたを取って下味を付けたクルマエビなどを、 溶き卵に漬け、耳を切り落とした食パンを巻き付け、爪楊枝で止めてから、油で揚げた円柱形の「土司蝦捲」、「吐司蝦捲」(トゥースーシアジュエン、tǔsīxiājuǎn)がある。これは、パン粉を食パンに変えたエビフライの変種とみることもできる。

ベトナム、タイのシュリンプトースト[編集]

ベトナムのバインミーチントム

同様、もしくは類似の料理は、ベトナムタイでも作られている。ベトナム語ではバインミーチントム(bánh mì chiên tôm)、タイ語ではカノムパンナークンと呼ばれる。ベトナムでは食パンではなく、フランスパンバゲット)を使ったものも多い。

揚げエビ団子(アジサイ揚げ、酥炸蝦球)[編集]

エビのすり身を丸くまとめて作るえび団子には、ゆでて作るものや、衣を付けずに揚げるもの(炸蝦球)もあるが、さいころ状に小さく切った食パンを衣として、まわりに付けてから揚げるものもあり、このタイプは「酥炸蝦球」(広東語 ソウザーハーカウ)と呼ばれる。これは、ハトシと同じ材料でできており、形状が異なっているものと見ることができる。

揚げた衣の広がり具合がアジサイの花のように見えることから、長崎ではアジサイ揚げと呼ばれるようになった。卓袱料理や中華料理における揚げ物の一品である。

長崎以外の日本の中華料理店では、食パンを付けたタイプの方を目にする機会の方が多く、神戸南京町では刺しにして売り、名物となっている。

関連項目[編集]