ハッピーバースデー・ミスタープレジデント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
祝賀会の後にケネディ兄弟と話すモンロー

ハッピーバースデー・ミスタープレジデントHappy Birthday, Mr. President)は、1962年5月19日に当時のアメリカ合衆国大統領であったジョン・F・ケネディの45歳の誕生日を記念した祝賀会において、女優で歌手のマリリン・モンローによって歌われた歌である。

経緯[編集]

モンローは「ハッピーバースデートゥーユー」の歌詞にある、祝う人の名前を入れる部分にケネディを意味する「ミスタープレジデント」を充て、艶めかしい声で歌い上げた。なおケネディの実際の45回目の誕生日は5月29日であり、その10日前に歌われたことになる。

モンローは続けて名曲サンクス・フォー・ザ・メモリー英語版の一部分を、ケネディを明確に指す新しい歌詞を書いた上で歌った(実際の歌詞は英語版 en:Happy Birthday, Mr. President を参照されたい)。

その後、ケネディがステージに上がり、モンローの歌い方やきわどいドレス、彼女の一般的なセックスシンボルとしてのイメージをほのめかしながら、歌について「このように甘く、すこやかに誕生日の歌を歌ってもらったので、私はもう政界から引退してもいい」と冗談を飛ばした[1]

この歌とモンローによる熱唱は多くの理由により記憶されることとなった。まず最初に、これは彼女が重要な公の場に姿を表した最後の機会となった(モンローはこの2ヶ月半後の1962年8月5日に死去している。睡眠薬の大量服用による自殺とされたが、その死には多くの疑惑が唱えられている)。この日の司会はケネディ家と親交が深かった俳優のピーター・ローフォードだったのだが、モンローが数時間も遅れてきたのを捉えて "late Marilyn Monroe"と紹介した。lateには「遅刻した」だけではなくて「故〜」の意味もある。加えて、ケネディとモンローは浮気関係にあったという根強い噂が存在しており[2]、モンローが歌ったことはさらなる憶測を呼ぶこととなった。また、翌1963年11月22日には「引退」の冗談を口にしたケネディ自身が暗殺によって世を去っている。

なお、このモンローのコンサートではジャズピアニストのハンク・ジョーンズが演奏している[3]

誕生祝賀会[編集]

ケネディの誕生祝賀会は以前のマディソン・スクエア・ガーデン(1925年にオープンし、1968年に閉鎖した三代目)において1962年5月19日に開催され[4]、多くのセレブリティと共に1万5000人以上の人々が参加した。そこにはマリリン・モンローも含まれているが、夫人のジャクリーンは出席しなかった。モンローのドレスは薄手の、白人の肌色の生地が使われており、2,500個ものラインストーンが縫い付けられていたことで有名である。ドレスは非常にきつく作られていたため、モンローは文字通り服に縫い込まれることとなった。なお彼女はその下に何も着ていなかった[5]。このドレスはジーン・ルイス英語版によってデザインされたものである。

この祝賀会はザ・パジャマ・ゲーム英語版で有名なキャロル・ヘイニー英語版によって演出された。

反響[編集]

モンローが着ていたドレスは歌のシンボルとして有名になり、1999年にニューヨーク州で競売にかけられた際には126万USドルで落札された[5]

出典[編集]

  1. ^ なおモンローの「ハッピーバースデー」は1962年5月29日にCBSにて初めて放送されている。
  2. ^ Guy Rocha, "Marilyn Monroe: The lady and the lake"[リンク切れ]", Reno Gazette-Journal、2004年8月12日付、2006年12月26日に最終アクセス
  3. ^ Hank Jones: The Man Who Accompanied Marilyn (英語)
  4. ^ "Madison Square Garden III" (英語)、Ballparks.comより。
  5. ^ a b "Happy Birthday, JFK", マサチューセッツ大学ローウェル校英語版、2011年3月3日訪問。

外部リンク[編集]

The Night Marilyn Sang to JFK: Rare Photos” - LIFE.TIME.comライフ画像アーカイブ)