ハッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハッド
Hud
監督 マーティン・リット
脚本 アーヴィング・ラヴェッチ
ハリエット・フランク・Jr
原作 ラリー・マクマートリー
製作 マーティン・リット
アーヴィング・ラヴェッチ
出演者 ポール・ニューマン
メルヴィン・ダグラス
パトリシア・ニール
音楽 エルマー・バーンスタイン
撮影 ジェームズ・ウォン・ハウ
編集 フランク・ブラクト
配給 パラマウント
公開 アメリカ合衆国の旗 1963年5月28日
日本の旗 1963年11月2日
上映時間 112分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $2,500,000
テンプレートを表示

ハッド』(Hud)は、1963年アメリカ合衆国公開の西部劇映画マーティン・リット監督

1963年第36回アカデミー賞パトリシア・ニール主演女優賞メルヴィン・ダグラス助演男優賞、および撮影賞を受賞。

ストーリー[編集]

テキサスで牧場を営むバノン一家の息子ハッド。34歳で独身の彼は夜になると町へ繰り出し、酒と女に入り浸っていた。一代で大牧場を築き上げた父ホーマーとは折りが合わない。ある日、飼い牛に病気が発生、政府の殺戮令を前に親子は衝突。老齢の父を隠居させ、牧場の実権を握ろうとしたハッドに父は永年心に秘めていたことをぶちまける。実の兄を飲酒運転で死なせたことだけが原因だと思っていたハッドはそれ以前から親子の溝が深かったことを知る。平静を失い、前から思いを寄せていた家政婦のアルマを襲う。好意を抱いていたが、彼女は拒絶する。兄の息子ロンも物音に驚いて駆けつける。ロンを撲りつけて、ようやく冷静になったハッドは気まずい思いで詫びるが、父は精神的にも物質的にも追いつめられる。突然、アルマがハッドを秘かに愛していたことを打ち明けて牧場を去る。アルマを見送った帰途、ハッドとロンは道に倒れていた老人を轢きそうになる。馬にふり落とされた父で、医者を呼びに行くひまもなく、ハッドに抱かれて死ぬ。葬儀の後、ロンも荷物をまとめて、牧場に二度と帰らぬと言い残して去る。誰もいない、牛もいない牧場にハッドはたった一人残される。

出演[編集]

外部リンク[編集]