ハチビキ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハチビキ科
Emmelichthys nitidus nitidus (Redbait).gif
Emmelichthys nitidus nitidus
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
亜綱 : 新鰭亜綱 Neopterygii
上目 : 棘鰭上目 Acanthopterygii
: スズキ目 Perciformes
亜目 : スズキ亜目 Percoidei
: ハチビキ科 Emmelichthyidae
英名
Rovers
下位分類
本文参照

ハチビキ科Emmelichthyidae)は、スズキ目スズキ亜目に所属する魚類の分類群の一つ。3属からなり、ハチビキロウソクチビキなど底生性海水魚を中心におよそ15種が含まれる[1]

分布[編集]

ハチビキ科の魚類はインド洋太平洋南西部・東部大西洋カリブ海など、熱帯から温帯にかけての温暖な海に分布する。海底近くを遊泳する底生魚で、成魚は一般に水深100-400mの深みで生活する[1]

形態[編集]

ハチビキ科の仲間はやや左右に側扁した紡錘形の体型をしており、体長は最大で50cmほどになる。体色は赤みがかったものが多い。を大きく突き出すことができるが、ほとんどの種類は顎のを欠く[1]。主上顎骨は後方に拡張し、口を閉じたときに前眼窩骨に覆われない。上主上顎骨は顕著に発達する。軟骨は大きい。

背鰭の形態は属によって異なり、基部に達する大きな切れ込みをもつハチビキ属、やや小さな切れ込みの Plagiogeneion 属、独立した数本の棘条を介して明瞭に2つの部分に分かれるロウソクチビキ属などさまざま。背鰭の棘条は11-14本、軟条は9-12本で、臀鰭は3棘9-11軟条。尾鰭は二又に分かれ、ハサミのような独特な形状をとる。鰓条骨・椎骨はそれぞれ7個・24個。

分類[編集]

ハチビキ科は3属15種で構成される[1]

Plagiogeneion 属の1種(P. rubiginosum)。本属の背鰭はやや小さなくぼみをもつのみで、前後に分離はしない
  • ハチビキ属 Erythrocles
    • ハチビキ Erythrocles schlegelii
    • ハワイチビキ Erythrocles scintillarns
    • ヒチビキ Erythrocles microceps
    • Erythrocles acarina
    • Erythrocles monodi
    • Erythrocles taeniatus
  • ロウソクチビキ属 Emmelichthys
    • トゲナシチビキ Emmelichthys karnellai
    • ロウソクチビキ Emmelichthys struhsakeri
    • Emmelichthys nitidus nitidus[2]
    • Emmelichthys ruber
  • Plagiogeneion
    • Plagiogeneion fiolenti
    • Plagiogeneion geminatum
    • Plagiogeneion macrolepis
    • Plagiogeneion rubiginosum
    • Plagiogeneion unispina

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『Fishes of the World Fourth Edition』 p.365
  2. ^ 亜種として E. nitidus cyanesoens が知られる。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]