ハゴロモギク属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハゴロモギク属
African daisy sept2006.jpg
African Daisy Arctotis flammea
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: キク目 Asterales
: キク科 Asteraceae
亜科 : タンポポ亜科 Cichorioideae
: ハゴロモギク属 Arctotis
  • 本文参照

ハゴロモギク属(羽衣菊属、学名Arctotis)は、キク科の属の1つ。学名より、アークトチス属アルクトティス属とも。

特徴[編集]

アフリカ南部に40〜50種分布し、半耐寒性の一年草または短命な多年草で、ガザニアヴェニディウムと近縁の植物である。茎や葉に天鵞絨状の白くて柔らかい毛が生えているものが多い。葉は根生葉のみのものもあり、茎に付く葉は互生し、柄があり、羽状の切れ込みがある。花は普通春咲きだが、園芸種の中には、かなり長く咲いているものもある。花色は黄色やオレンジ色が多く、白や淡紅色もあり、舌状花の付け根に蛇の目模様が出るものもある。晴れた日の日中にのみ全開し、曇りの日や夜間は半開または閉じている。学名は「熊の耳」の意味で、タネの落下傘が動物の耳に似ているからと言う。

主な種[編集]

ヒメアフリカギク A. acaulis[1]
草丈30cmくらいの秋まき一年草。葉は根生葉のみで、長さ20cm以上になり、表面はざらざらしていて、裏面に柔毛がある。春に根元から直接花茎を出し、8cmくらいの黄色またはオレンジ色の頭状花を単生する。種小名は「枝がない」の意味。園芸ではアコーリスとも呼ばれる。
ファストゥオーサ A. fastuosa
1935年頃に日本に導入され、「じゃのめぎく」の和名が付いている。しかし、キク属Chrysanthemum carinatum も蛇の目菊と呼ばれることもあり、それと区別するために「寒咲蛇の目菊」と呼ばれることもある。短命な多年草で、草丈1mくらいになり、全草が白い毛で覆われている。強い霜の降りない地方では、9月5日頃までにタネをまくと、12月から3月まで開花する。花茎10cm以上になり、明るいオレンジ色で、名前の通りに蛇の目模様がある。ヴェニディウム属 Cenidium に分類されることもある。
ヒルスタ A. hirsuta
一年草で草丈50cmくらい。葉がざらざらしていて、種小名は「毛が生えた」の意味である。暖地では早春から初夏まで咲き続け、舌状花は白で中心に蛇の目模様があり、管状花は黒褐色または紺色である。
ハゴロモギク(羽衣菊) A. stoechadifolia[1]
草丈70cmくらい。葉は長楕円形で鋸歯があり、灰色を帯びている。花は8cmくらいで、黄色・オレンジ・白と淡紅色があり、開花期が比較的長い。別名でアフリカギクとも。シノニムArctotis grandis
ヴェヌスタ A. venusta
やや寒さに弱い一年草。草丈30cmくらい。花はこの仲間としては珍しい明るい水色で、ヒマワリの蕾のように太陽を追いかける性質がある。また、夜になると曙が待ち遠しいように、東を向く。種小名は「かわいらしい」。

栽培[編集]

現在販売されている種子は、冠毛(落下傘)が除去されたクリーンシードなので、普通に播くことができる。暖地では秋分頃が播き時だが、ファストゥオーサは9月5日頃までに播くと、花の少ない冬季に切り花が得られ重宝する。日当たりと排水がよく、ややアルカリ性の土でよく育つ。

脚注[編集]