ハグロドリ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハグロドリ科
フナシカザリドリモドキ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
亜目 : タイランチョウ亜目 Tyranni
小目 : タイランチョウ小目 Tyrannida
: ハグロドリ科 Tityridae

ハグロドリ科(ハグロドリか、学名 Tityridae)は、鳥類スズメ目の科である。

系統と分類[編集]

ハグロドリ科は、従来タイランチョウ科 Tyrannidaeカザリドリ科 Cotingidaeマイコドリ科 Pipridae・ トガリハシ科 Oxyruncidae に含まれていた属を集めた科である(系統図の [T]・[C]・[P]・[O])。

Prum and Lanyon (1989) は骨格から、現在の狭義のハグロドリ科(ただしハグロドリ属を除く)を単系統とみなし、ツグミマイコドリ群 Schiffornis‐group と名づけた[1][2]Sibley & Ahlquist (1990) は、現在の狭義のハグロドリ科(ただしモズカザリドリ属・モンキタイランチョウ属を除く)をハグロドリ亜科 Tityrinae(科相当)とした。それらはツグミマイコドリ族 Schiffornithiniツグミマイコドリ属のみ)とハグロドリ族 Tityrini(ハグロドリ属+カザリドリモドキ属+シロエリタイランチョウ)に分けられた。Prum et al. (2000) は、現在の狭義のハグロドリ科を、カザリドリ科内のハグロドリ亜科とした。

Ericson et al. (2006)[3]; Ohlson et al. (2007) は、独立したハグロドリ科を設置し、さらに、単型のトガリハシ科またはカザリドリ科に分類されていたトガリハシがこの姉妹群だとしてハグロドリ科に含めた。さらに Tello and Bates (2007)[4]が単系統だとしていたキゴシハエトリ属+チビタイランチョウ属+オウギタイランチョウ属も、Ohlson et al. (2007) はハグロドリ科に含めた。トガリハシ科を残すこともあるがその場合は、これらの3属はトガリハシ科に移される[5]

(広義の)ハグロドリ科の姉妹群は、カザリドリ科[6]もしくはタイランチョウ科[3]のようである。

系統樹のハグロドリ内はToLより[7]、ただしハグロドリ科の基底が3分岐となっているのをトガリハシ科が単系統となるよう変更した。タイランチョウ小目内は Tello et al. (2009)[6]より。

タイランチョウ小目

マイコドリ科 Pipridae




タイランチョウ科 Tyrannidae




カザリドリ科 Cotingidae


ハグロドリ科
狭義のハグロドリ科

ハグロドリ族

ハグロドリ属 Tityra [C]




カザリドリモドキ属 Pachyramphus [C]



シロエリタイランチョウ Xenopsaris





ワキムラサキカザリドリ属 Iodopleura [C]






モズカザリドリ属 Laniisoma [C]



モンキタイランチョウ属 Laniocera [T]




ツグミマイコドリ属 Schiffornis [P]




広義のトガリハシ科 ?

トガリハシ Oxyruncus [C][O]





キゴシハエトリ属 Myiobius [T]



チビタイランチョウ Terenotriccus [T]




オウギタイランチョウ属 Onychorhynchus [T]








属と種[編集]

国際鳥類学会議 (IOC)[5]による。11属41種。トガリハシ科4属10種を除くと7属31種。

広義のトガリハシ科[編集]

狭義のハグロドリ科[編集]

出典[編集]