ハグロツバメチドリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハグロツバメチドリ
Naumann Glareola pratincola Glareola nordmanni.jpg
右がハグロツバメチドリ
保全状況評価[1]
NEAR THREATENED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 NT.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: チドリ目 Charadriiformes
: ツバメチドリ科 Glareolidae
亜科 : ツバメチドリ亜科 Glareolinae
: ツバメチドリ属 Glareola
: ハグロツバメチドリ
G. nordmanni
学名
Glareola nordmanni
Fischer von Waldheim, 1842
和名
ハグロツバメチドリ
英名
Black-winged Pratincole

ハグロツバメチドリ(羽黒燕千鳥、学名:Glareola nordmanni)は、チドリ目ツバメチドリ科に属する鳥類の一種。

分布[編集]

南東ヨーロッパの温暖な地方と南西アジアで繁殖し、熱帯アフリカで越冬する渡り鳥である。繁殖地の北と西では稀となる。

形態[編集]

脚は短く、長く先の尖った翼とツバメのように二股に分かれた尾を持つ。嘴は短く、空中で餌を取るのに適している。背と頭部と翼は茶色で腹部は白く、風切羽と翼の下部は黒い。

生態[編集]

開けた土地を好み、しばしば夕方に水辺の近くで飛びながら昆虫を捕獲しているのが見られる。地面に2個から4個の卵を産む。

Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類
チドリ亜目 Charadrii
チドリ下目 Charadriides
チドリ小目 Charadriida

参考文献[編集]

  1. ^ Glareola nordmanni (Species Factsheet by BirdLife International)