ハクセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハクセン
0 Dictamnus albus - Fraxinelle (1).JPG
ハクセン(白鮮, Dictamnus albus
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: ムクロジ目 Sapindales
: ミカン科 Rutaceae
: ハクセン属 Dictamnus
: ハクセン D. albus
学名
Dictamnus albus
和名
ハクセン(白鮮)
英名
Dittany (White Dittany)

ハクセン(白鮮、学名 : Dictamnus albus)はミカン科多年草。かつては6種に分類されていたが、現在はすべて亜種の扱いになり、ハクセン属は1種のみからなる単型の属になっている。

特徴[編集]

東アジアからヨーロッパ南西部にかけての、比較的乾いた草原、灌木帯や、松林の下草などとして自生している。

草丈は40~80cmくらいで、全草にシキミに似た強い臭みがある。茎は直立し、葉は奇数羽状複葉で、小葉は長さ5cmくらいで、縁に細かい鋸歯がある。は夏咲きで、数十輪からなる大きな総状花序で、五弁花は直径4cm、花穂の長さは30cmくらいになる。花の色はか淡いピンクであるが、園芸種には、藤色紅色のものもある。漢方では根皮を「白鮮皮(はくせんぴ)」といい、以降の書物に見られる。解毒痒み止めなどに用いられていたが、現在はほとんど用いられない。ヨーロッパでは、皮膚病の薬や堕胎薬として用いられていた。現在では、花穂が立派なため、園芸植物としての改良が進んでいる。

栽培[編集]

初秋に成熟するタネを取り播きにし、3mmほど覆土する。市販のタネはあまり発芽がよくない。弱アルカリ性のやや乾いたところを好み、高温多湿に弱い。また、ごく小さい苗のうちでないと、移植ができない。