ハウンド・ドッグ (エルヴィス・プレスリーの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハウンド・ドッグ
エルヴィス・プレスリーシングル
リリース 1956年7月13日
録音 1956年7月2日
ジャンル ロックンロール
時間 2分15秒
レーベル RCAレコード
作詞・作曲 Jerry Leiber and Mike Stoller
プロデュース スティーヴ・ショールズ (エルヴィス・プレスリー)
チャート最高順位
  • 1位(米国)
エルヴィス・プレスリー シングル 年表
I Want You, I Need You, I Love You
(1955年)
ハウンド・ドッグ
(1956年)
Blue Suede Shoes
(1956年)
テンプレートを表示

ハウンド・ドッグ」(原題:"Hound Dog")は、1956年エルヴィス・プレスリーが発表したシングル。シングルの別面は「冷たくしないで (Don't Be Cruel)」だった。ビルボード誌では、1956年8月18日に、ビルボード誌チャート11週連続という驚異的な記録を出し、この年の年間ランキングで第1位となった。

概要[編集]

原曲は、ビッグ・ママ・ソーントンが歌ったブルース。 ジェリー・リーバーマイク・ストーラーの作品。 "Hound Dog"は、俗語で「口だけは達者な奴」「女たらし」の意。"rabbit"は「女」を表す。

ロックンロール[編集]

元々は女性歌手によるもので、最初はエルヴィスは録音することを嫌がっていたが、フレディ・ベル&ベルボーイズのラスベガス公演に行ったエルヴィスが、ナンセンスな替え歌にしていたのを観て、そこからさらに歌詞を少し変えて録音した。 このことについて、後にエルヴィスは「もう一つ言葉を変えていたら、きっと君達大金持ちだったのにね」と語ったという。 [1] 1956年7月2日のセッションで26テイク録音した後、RCAのスティーヴ・ショールズはこれで終わりにしてもよいと思ったがエルヴィスは録音を続けるように主張し31テイク目を録音した後にようやく納得し、テイク31が採用された。[2][3](しかし18テイク目で終わろうとし、30テイク録音した後全てのテイクを聞きなおし28テイク目を選んだとする資料もある[4]) 「ハウンド・ドッグ」と「冷たくしないで」はどちらも大ヒットしたためA面、B面の区別はない。よって、ダブルA面での初のナンバー1ヒットとなった。 このシングルは1988年、史上最高のジュークボックス・ヒットとしてグラミー・オブ・フェイム賞を受賞した。2004年に『ローリング・ストーン(Rolling Stone)』誌が選んだ「ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500」では19位となった。

脚注[編集]

  1. ^ アーティスト・オブ・センチュリー ライナーノーツ
  2. ^ ザ・キング・オブ・ロックン・ロール コンプリート50’sマスターズ ライナーノーツ10P
  3. ^ エルヴィス'56 ライナーノーツ8P
  4. ^ DVD エルヴィス'56