ハウンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハウンド(hound)はイヌ分類群の一つ。主に獣猟犬として用いられ、獲物を追跡する際や追い詰める際に用いられる。鳥を狩猟する際に用いる猟犬と比較して、獲物の発見や回収に優れている。

ハウンドには大きく分けて、視覚ハウンド(サイトハウンド、Sighthound)と嗅覚ハウンド(セントハウンド、Scenthound)の2種類がある。

なお、同語源の独Hund・蘭hondは、「犬」全般を意味する(英dogに相当)。

視覚ハウンド[編集]

視力に優れ、視力により獲物を追跡する。すばやく動くために、小さな耳と長い足を持っていることが多い。

嗅覚ハウンド[編集]

嗅覚に優れ、嗅覚により獲物を追跡する。長く垂れている耳を持っていることが多い。


参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]