ハウチワカエデ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハウチワカエデ
Acer japonicum Japan1.JPG
福島県会津地方 2011年5月
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : バラ亜綱 Rosidae
: ムクロジ目 Sapindales
: カエデ科 Aceraceae
: カエデ属 Acer
: ハウチワカエデ A. japonicum
学名
Acer japonicum Thunb.
和名
ハウチワカエデ(羽団扇楓)

ハウチワカエデ(羽団扇楓、学名:Acer japonicum)はカエデ科カエデ属落葉高木。同じ株に両性花雄花が生ずる雄性同株[1]。別名、メイゲツカエデ。カエデ科は、新しいAPG植物分類体系ではムクロジ科に含められている。

特徴[編集]

樹高は5mから15mに達する。冬芽の鱗片は4対ある。今年は赤褐色または紅紫色で、花時のみわずかに白色の長軟毛を散生させるが、後に落ち無毛で光沢がある。鱗片葉は長さ2.5-3cmで紅紫色を帯びる。は対生し、葉身は長さ4.5-9cm、幅5.5-11cm、掌状に9-11浅裂・中裂する。裂片の先端は鋭くとがり、基部は心形になり、縁には重鋸歯がある。花時の葉両面には白色の軟毛があるが、成葉では裏面の脈上や脈腋に毛が残る。葉柄は葉身の4分の1から2分の1の長さで、2-4cmになる[1][2]

花期は5-6月。複散房状の花序を有花枝の先端から下垂させる。は紅紫色で10-15個つき、雄花と両性花が混生する。萼片は長さ6-7mmで暗紅色、花弁は萼片より短く淡黄色でそれぞれ5個、雄花の雄蕊は長さ5mmで8個あり、葯は黄色。両性花の子房には黄白色の軟毛がある。果期は7-9月。果実翼果で2個の分果からなり、分果の長さは2.5cmになる。10-11月に紅葉する[1][2]

分布と生育環境[編集]

日本固有種。北海道および本州に分布し、低山帯から亜高山帯下部の山地の谷間などに生育する[1]

園芸品種など[編集]

エゾメイゲツカエデ - Acer japonicum Thunb. f. microphyllum(Koidz.) Rehderの品種のほか、園芸品種では、葉が全裂するマイクジャク(舞孔雀)や、カサド、ココノエ、マツヨイ、サヨシグレなどがある[1][3]

ギャラリー[編集]

展開した葉 
紅葉する大覚寺のハウチワカエデ 
黄葉(丹沢山地) 

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 『日本の野生植物 木本II』p.11
  2. ^ a b 『樹に咲く花 山溪ハンディ図鑑4』pp.328-329
  3. ^ 米倉浩司・梶田忠(2003-) 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)

参考文献[編集]