ハウス・オブ・ペイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハウス・オブ・ペイン
House Of Pain
2011年エバーラスト(左)とダニー・ボーイ(右)}
基本情報
ジャンル ヒップホップ
活動期間 1991年 ~ 1996年
2010年 ~ 現在
レーベル Tommy Boy Records
共同作業者 サイプレス・ヒル, La Coka Nostra, リンプ・ビズキット, Pete Rock, ヘルメット, Funkdoobiest, Butch Vig, Sadat X, グル, レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン, Son Doobie, Lordz of Brooklyn, B-Real, DJ Muggs

{{{Influences}}}

ハウス・オブ・ペイン(House Of Pain)はアメリカ合衆国ヒップホップグループである。1988年に結成され、白人で構成される最初のヒップホップグループのひとつとして知られる。3枚のアルバムをリリースした後、1996年に一度解散、2010年から活動を再開している。

グループ名は、イギリス小説家であるH・G・ウェルズ1896年に発表した小説『モロー博士の島』の一節に由来する。
ロサンゼルスを活動拠点に、ウェスト・コーストヒップホップ(ウェッサイ)勃興時における人気グループとして「ジャンプ・アラウンド」などのヒット曲を送り出したが、キャリア後半からはイースト・コースト的なオールドスクール志向を印象付けた。また、非黒人のメンバー構成やその音楽性からしばしばサイプレス・ヒル一派とも呼ばれるなど、非常に硬派なハードコア・グループとして認知される。

グループ解散中は、グラミー賞を受賞したリード・ラッパーのエヴァーラストをはじめ、各メンバーともソロ活動や別プロジェクトでも成功を収めた。

メンバー[編集]

  • エヴァーラスト - Everlast
    リード・ラッパー。ハウス・オブ・ペイン解散後のソロ活動では1998年のヒット曲『What It's Like』でグラミー賞を受賞、2000年にはラテンロック・ギタリストのカルロス・サンタナとのコラボレーション『Put Your Lights On』でもグラミーを受賞した。

ディスコグラフィー[編集]

  • House of Pain (1992)
  • Same as It Ever Was (1994)
  • Truth Crushed to Earth Shall Rise Again (1996)