ハウェア湖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハウェア湖
ハウェア湖 Lake Hawea
所在地 クイーンズタウンレイク地方 (Queenstown-Lakes District) 、オタゴ地方南島
位置 南緯44度30分 東経169度17分 / 南緯44.500度 東経169.283度 / -44.500; 169.283座標: 南緯44度30分 東経169度17分 / 南緯44.500度 東経169.283度 / -44.500; 169.283
流出河川 ハウェア川
流域国 ニュージーランド
南北長 35 km
面積 141 km²
平均水深 392 m
水面の標高 348 m
テンプレートを表示

ハウェア湖は、ニュージーランドセントラル・オタゴ地区に位置しており、348メートルの標高にある。この湖は、約141平方キロメートルの面積があり、最大水深は392メートルである。この湖の名前はマオリ語であり、地方部族にちなんで名付けられたと考えられているが、正確な意味は不明確である。

ハウェア湖のパノラマ

地理[編集]

1958年には、この湖の水位は、水力電気の発電量を増加させることを目的に、より多くの水量を貯蔵するため、人工的に20メートル上げられた。

おおよそ南北の軸に沿った最大延長で、この湖は、35キロメートルの長さがある。この湖は、最後の氷河期に造られた氷河谷の中にあり、ハンター川によって水が供給される。8キロメートル西には、平行する氷河谷にワナカ湖がある。最も近接する地点(ザ・ネックと呼ばれる岩の隆起)では、2つの湖は、1,000メートルしか離れていない。ハウェア湖は、約10,000年前に作られたターミナルモレーンによって南側がせき止められたものである。

この湖の周囲で平坦な唯一の地域は、湖の南端にあって、ハウェア川への流出口を取り巻いている。この川は、クルーサ川の短い支流であり、アルバート・タウンの近くで合流する。ハウェアの集落は、湖の南岸にある。

この湖は、有名な行楽地であり、夏には釣り、ボートそして水泳のためによく利用される。近隣の山々と急流のおかげで、ジェットボートとスキーのための施設が近くにあって、一年中、アドベンチャー・ツーリズムを楽しむことができる。

ヨーロッパ人による歴史以前、ハウェアは重要な役割を演じた。1830年代、ハウェアのマオリ人住民が、南島の東海岸の住民に対して、高山の山道を越えての戦士テ・プオホの部隊による攻撃計画の警告をもたらした。

参照[編集]

ハウェア湖の位置
  • Wise's New Zealand Guide (4th ed.). (1969). Dunedin, NZ: H.Wise & Co. (N.Z.) Ltd.
  • Encyclopædia Britannica. Retrieved February, 2006, from Encyclopædia Britannica Premium Service.