ハイーネ・スタエレンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハイーネ・スタエレンス
Chaïne Staelens
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 オランダの旗 オランダ
生年月日 1980年11月7日(34歳)
出身地 ベルギーの旗 コルトレイク
ラテン文字 Chaïne Staelens
身長 194cm
体重 77kg
選手情報
ポジション WS
指高 252cm
利き手
スパイク 316cm
ブロック 299cm 
テンプレートを表示

ハイーネ・スタエレンス(Chaïne Staelens, 女性、1980年11月7日 - )は、ベルギーコルトレイク出身のオランダの元バレーボール選手。ポジションはウイングスパイカー。元バレーボールオランダ女子代表キム・スタエレンスは実妹。

デンソー、パイオニアでの登録名はシャイーヌ・スタエレンス。

来歴[編集]

ベルギー出身だがバレーボールの将来性を考えた末、強豪として知られるオランダを選択した。[要出典]

長身と指高の高さを活かしたスパイクを打つ。サーブレシーブでも中核を担う。オランダ代表のエースで精神的な部分でもチームを引っ張る。[要出典]

1997年にオランダ代表に初選出され、1998年の世界選手権、2000年のシドニー五輪世界最終予選などにも出場した。

2003年ヨーロッパ選手権に出場した。

2005年のワールドグランプリには仙台で開催された決勝ラウンドで同国のエースとして活躍した。2006世界選手権中国戦で2セット取られてから3セット取り返す大逆転勝利を演じ、壮絶な打ち合いを演じ試合終了時に涙を流しながらフラフラになりチームメイトと抱き合い支えあった姿に会場から惜しみない拍手が送られた。[要出典]

2007ワールドグランプリではフリールフィッセールらとともにチームの快進撃を支え、同大会の初優勝に貢献した。

2009年モントルーバレーマスターズでベストサーバー賞を受賞し、同年8月のワールドグランプリで4位となった。ヨーロッパ選手権では銀メダルに輝いた。 2009年11月、Vプレミアリーグのデンソー・エアリービーズに入団。2009/10Vプレミアリーグで3位、平成21年度全日本バレーボール選手権で準優勝の立役者となる。

2010年のワールドグランプリ世界選手権に出場した。同年10月にパイオニアレッドウィングスに入団した。日本のプレミアリーグでは4シーズンプレーした。

2011年ヨーロッパ選手権に出場した。

2013年5月、第62回黒鷲旗バレーボール大会を最後に現役引退[1]

球歴[編集]

  • 世界選手権 - 2006年(8位)、2010年(11位)
  • ワールドグランプリ - 2003年(4位)、2005年(6位)、2007年(優勝)、2009年(4位)、2010年(7位)
  • 欧州選手権 -2003年(4位)、2005年(5位)、 2007年(5位)、2009年(準優勝)、2011年(7位)

所属クラブ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 月刊バレーボール 2013年7月号 101ページ

外部リンク[編集]